『木下綾乃:手紙を書きたくなったら』を読んで、
キレイな包装紙やカレンダーを使った手作り封筒を作りたい~
と思いまして、家の中から封筒に使えそうな紙を探してました。
去年作った同人便せんの残りが結構大量にあり、
クラフト紙の片面印刷という、封筒には非常に適したものなので、
有効利用することに。
どのみち古紙回収に出そうと思っていましたから、無駄にならなくて
すみますね。
紙はB5サイズなので、必然的に洋2サイズの封筒は作れません。
(無印の洋2封筒を思い浮かべてくれればいいかと)
手持ちの封筒から、形のかわいいものを選んで、その封筒を
展開します。これが封筒の型を取る元となります。
それから厚紙にその元を置き、形をとります。
あとは形をを取った厚紙を切り取ったらOK。
その厚紙を形にして、クラフト紙で封筒を作るのです。
裏返して作ったらイラストも見えませんから、送る分には全然問題ありません。
むしろ自作した方がかわいいと思ったり。シールなどでアレンジしても
面白いと思います。勿論イラスト描いても。

100円ショップの包装紙なども、意外とバリエーションそろっているので、
クラフトに柄が印刷されたものとかで封筒作っても
かわいいと思いますよ♪

しばらくはまりそうです・・・延々と手工芸するの(笑)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

以前、海図レターセットについて書きましたが、今日の話はその続き。
今読み返すとウソを言ってる部分もちらほらあり、上記事を頼りに購入
しに行った方には申し訳ありませんです。

今回私が行ったお店は、ランドマークプラザ1Fにある
横浜みやげショップ『横浜ランドマーケット』という所。
横浜にちなんだおみやげが沢山そろっています。
レジカウンターの横の棚に、海図レターセットや海図のグッズが
沢山おいてありました。
レターパッドや箱入りレターセットは見本が置いてありますので、購入時は
それを参考にするといいかと思います。
ちなみにレターペーパー(単に海図を切ったもの)は、全部違う柄ではない
です。例えば50枚レターパッドであれば、10柄×5という感じで
作られているみたいです。
(420円のレターセットは全部違う地図だったので、てっきり他も同じ物だと
思ってました。ついでにいえばこの420円セット、便せん8枚入りでした。
私、5枚って書いちゃったんだよね。今更ですが訂正)
※全部違う柄のモノもあります。柄に関しては完全にランダムみたいです。
 09/05/06 追記

箱入りのものは、何と
便せん(A5)80枚・封筒(洋2)40枚・宛名シール40枚
入ってます!こんなに沢山入っているけどどうするんだ?!
というくらいボリュームがあります。
そして気になるお値段は何と!3360円(税込)!!
レターセットに3000円もかけるなんて、普通は考えないですよね(笑)。
(中身を半分にして、値段も半分にすればまだ気軽に買えるとおもうのですが・・・)
私は「物珍しい嗜好品」と割り切っているので、躊躇無く購入しましたが、
A4サイズのレターセットもあり、これは630円ぐらいで置いてあるので、
A5とA4サイズを組み合わせてセットを作っても面白いかも。
だから無理して箱入りを購入しなくてもいいかもしれませんね。
でも、箱入りを買うと無駄に自慢したくなります。
買った方はジャンジャン自慢しましょう(笑)。

で、このレターセットの醍醐味は、やっぱり
『知らない土地の地図を見るワクワク感と、手紙を読む楽しさ』
この言葉に全てが集約されていると思います。
「地図に手紙を書く」ということ自体思いつかないアイデアだと思いませんか?
こういうレターセットでお手紙もらったら、私多分きっと絶対その送り主の事を
好きになると思います(笑)。1回でいいからもらってみたい・・・

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieレターセットと紙素材のこと

 |TOP