2005’10.27・Thu

デコプチ

ぺんてるから発売されている【デコプチ】という商品は
無地の便せんを飾るのや、
懸賞のハガキ描きに大活躍してくれます。
透明テープなので、貼り後も目立たず。
262円で買いやすいのですが、
頻繁に使うとすぐ無くなるので、
利用頻度によってコストパフォーマンスは
変わってきそうです。

最近冬バージョンが発売されて、結構かわいい柄が
そろっているみたいですよ。
あと、サクラクレパスより【デコロ】という同タイプのものが
出ています。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieシール&ステッカーのこと

前回の話の続き>>

「様々なサイズの便せん」といえば・・・
よく小中学生が使う【ファンシー文具のレターセット】
便せんが50枚と封筒が25枚とか、かなり大量に入ってるもので、
微妙にサイズの違う便せんが10枚ずつ5種入とかでありますが
あのタイプのレターセットは、私はあまり好きではないです。
サイズが違うので、折り目が各紙違うところについてしまうから
見た目から良くない。
あのサイズ違いに何のメリットがあるのだろうか・・・
と、うっかりこういうタイプのレターセットを購入した際に
毎回思うのです。
同色・同柄・同サイズで使用するなら何ら問題はありませんが、
大抵は色違い・柄違いで変化をつけるものなので、
できれば紙のサイズをそろえて欲しいのであります。
(まあ、子供は紙のサイズなんかにこだわらないし、
 そういうものをうっかり購入しなければ済む話なんですけどね)

あ、そうだ、
銀座・月光荘さんの便せんと封筒。
便せんはとてもお気に入りなのですが、
封筒は1種購入してそれっきりです。
便せんと封筒をセットで使用する際、
キレイな3つ折り・4つ折りが出来ない。
変なところで折り目をつけざるを得ないので
どうやったら便せんが封筒にキレイに納まるのか・・・
何かいい知恵を持っている方、
いらっしゃったら
ぜひぜひ私に伝授して頂けないでしょうか。


【便せんと封筒の心地よいおさまり】は
今日も研究中でございます・・・

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

手紙をもらうことは、
ある面では精神的な負担になるのか?
【必ず返事を出さないといけない】という
脅迫観念に近い感情が出てくるのか。
私は結構唐突に手紙を出す事があるのですが、
もしかしたらもらった相手は少なからず
そう思ったのだろうか?
・・・と、いうことを考えた。

私が手紙を出す時のスタンスは、
返事の強要はしない事。
返事が欲しい場合は返信用切手を同封して置く。
それは親しい友人相手でもそう。
ただ、年賀状だけはきちんと送るようにする。
挨拶ナシというのも逆に失礼だったりするので、
礼を尽くす時はきちんと尽くしておく。
縁をつないでおきたい方には
積極的に行きたい。
もしこれで迷惑に思われていたのであれば、
その時はスッと身を引く。
【さじ下限】が難しかったりするのだけど、
それって実際の顔を見ながら生きていくことと
同じであって、
迷惑に思われていたら
たまたま運が悪かった。
自分に反省するべき点があったと
考えるようにする。
ネガティブなことを考えてもキリがないし。

もちろん、
手紙が来たらそりゃぁもう喜びますよ。
喜んで手紙を書きまくります(笑)。

そんなわけで、
私からのお手紙をもらったみなさま、
もし、ここを読んでいたら
あんまり気負わずに、私からのお手紙を
受け取って欲しいと思います。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

便せんのサイズと封筒のサイズが
丁度良く納まっていると、何かうれしくなる。
よっし!ぴったり納まった!って。
個人的にぴったり納まってうれしいサイズは、
長4封筒(通常利用の縦長いモノね)に
B5サイズ3つ折り。
B5をキレイに3つ折りするのって、
実は結構難しかったりする。
折りたたんだサイズと3つ折りという言葉の響きが
何だか気持ちいい。
4つ折りだと、ちょっと厚みが出るし、
何かかっこわるい(感じがする)。
そして、お手紙は一般的に折り目が多いほど
敬遠されるので、なるべく少ない折り目で
相手に送る心配りは必要だと思ってるのです。

世の中には様々なサイズの便せん、封筒
があって、それらをバラバラに使うのって
結構難しい。
単に使うだけなら簡単だけど、
手紙って見えないセンスがにじみ出てくる。
統一感が無いものをもらったら
「う~ん・・・ちょっとなぁ」と
思ったりする事がある。
しかし、意外と自分も統一感の無いものにしてしまい、
相手もおんなじ気持ちになってるんじゃないか?と
思う辺り、まだまだ改善の余地アリなんだと思う。

長4サイズの封筒にはB5サイズの便せんがぴったり合う。
しかし洋形サイズ(横向きのもの)を使う場合、
洋2サイズだったら、B5サイズ4つ折りじゃないと入らない。
そして封筒にキレイに納まりすぎて、中身がスカスカな感じに見える。
どう考えても便せんと封筒のサイズが合っていない。
洋3サイズならB54つ折りがキレイに入る。
4つ折りってあんまり好きじゃないのだけど、こっちの方が
まだ納まりがいいと思うのです。

じゃあ、洋形サイズのものには
どんな便せんがいいのか。
それはB版ではなくA版を使えばいいのです。
A5サイズの便せんなら、洋2サイズ2つ折りで
キレイに納まる。
逆に長4サイズでAサイズ便せんはあまりキレイに
納まってくれないようです。

Bサイズ便せんなら長形封筒、
Aサイズ便せんなら洋形封筒。

長くなってしまったので、
今回の話は一旦切り上げ、
また別の日に続きます。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

 |TOP