メモ用紙を自デザインで作成する。便せんを作成している要領で原稿を作り、印刷所に発注。白上質紙に単色印刷、B6サイズ、インクは淡色で。淡色じゃないと文字が見づらくなるから。自デザインにすることで枚数を気にすることなくメモを取ることができる。自分のサインが入れられるのも大きい。

作ろうと思い立ったきっかけは、メモ帳としている月光荘のスケッチブックが50円値上がりということで、メモ帳としてのコストが高く感じられるようになった事が一つ。現在は3週間ぐらいで1冊使ってしまう消費ペース(両面びっしり記入した状態で)。一番小さいサイズが200円超えだと、気軽に使うにはちょっと高い。白上質に水色の点が印刷されたものなので、自分で代わりとなるものは用意できるのではないかと思いました。しっかりしたバインダーを購入して、そこに50枚ぐらいメモ用紙を突っ込んでおけばすぐに書ける。残すべきメモとそうでない駄文メモに分けることもできて、メモ整理もしやすい。(今は両方一緒になっているので、メモの整理に関しては全くできていない状態です)試しにちょっと作ってみて、よさげだったらそのまま続行。(しっくり来なかったらまたメモ帳を買いに行きます。)

私がいつも利用している印刷所なら、フェアを利用すれば上記の印刷で、送料込み3000円以内に収まります。メモ帳と同じ枚数を1セットとして単価を計算した所、B4サイズ300枚発注(B6サイズ換算で1200枚ですね)だとかなり安くなる事が分かったので、現在原稿作成中の便せんと同時入稿できるようにしたいですね。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

2006’11.26・Sun

買ったメガネは?

20070104212728


こんな感じ。先日リンク先にあげた品もありましたが、つる(耳にかける部分)がどうしても気に入らなかったので買いませんでした。こっちの方がかわいいので大満足!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieいつものボヤ記

免許更新のお知らせが届きました。ああもうそんな時期なんですね。というか○年経ったのですか・・・早っ。関東に来て一切車を運転していないペーパードライバーですが、免許だけは更新しないと何かと困りますし(身分証明の意味で)、早い段階で更新に行かねばなりません。

さて、免許更新になるとビクビクオドオドしてしまう事が一つ。それは視力検査。メガネ使用している方は、検査で落ちやしないだろうかと、多かれ少なかれドキッとしてしまうあの嫌な視力検査。裸眼視力0.05という私にとっては一大事イベントです。メガネの度数が充分ならさほど心配する必要もないのですが、今年の夏に前勤務先の健康診断で「矯正視力が0.5ありませんからメガネ買い換えて下さい」と言われた事を思い出しました。確かに最近、視力下がってる!と実感しています。「職業柄視力が下がるから気をつけてね」とは言われていますが、実感している以上このままにしておくわけにもいきません。

というわけで真剣にめがねの買い換えを検討している私。今回はレンズのみならずフレームも一新する予定。6年も使用していたら流石にね・・・。フレームを買うにあたり、絶対に譲れないポイントがありまして、まず『フレームは赤色』であること。『フロント(前枠)はできるだけ小ぶりなモノ』であること。この2つをクリアしていることが前提条件。自分が使っていて一番しっくり来る色が赤なのです。小ぶりなのがいいのは、顔をすっきり見せたいから。このメガネのフチ有りバージョン赤色が現在の購入候補。(フチなしも可愛いと思うのだけど、今使っているのがフチなしなので、気分を変えるためにフチ有りでいきます。)他には無印のメガネも気になっていていますが、赤フレームがないのでこれはサブを作製する時かな。でもつや消し銀フレームはとても私好みでした。これの赤があれば即決するのにな。

そしてレンズも別途購入しなくてはいけません。現在使用しているモノは薄いレンズなので、できればコレと同じ厚さのものを使いたいのです。レンズ代でプラス1万5000円~。年内にはレンズの入れ替えができるぐらいのお金を作らねば。メガネライフは意外とお金がかかります。視力のいい方はその視力を落とさぬよう気をつけて下さいませ。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieいつものボヤ記

2006’11.25・Sat

wii体験会東京編

今月初めに名古屋での体験会に行き、今日は東京の体験会に行ってきました。今回は名古屋で遊べなかったゲームを中心にプレイしてみました。後は久しぶりに友人たちと遊ぶ意味合いもあります。ちなみに今回の会場幕張メッセに行くのは初めてです。それどころか千葉に行くこと自体が初めてでした・・・。東京や神奈川とも違う雰囲気というのが第一印象です。

遊んだソフトは「スポーツのベースボール」「エレビッツ」「ワリオ」。エレビッツは同伴の友人たちのイチオシということで触ったのですが、結構面白かったです。「塊魂」に近い感覚。係員の話をろくに聞かずにプレイしていたら結構いいスコアがでました(笑)。スポーツとワリオは私が何も言わなくてもダンナが購入するので、家でじっくり遊ぶソフトですね。スポーツは結構体が痛くなります・・・。

閉場間際に、ちょっとしたハプニングがありまして、一時はどうなるかと思いましたが何とかそれも解決し、私は何故かチョコ八つ橋を持っていたり。皆さん夕方以降はそれぞれ用事があったので東京駅でお別れしましたが、とても楽しかったです。【wii】の発売が待ち遠しいですよ。あと1週間ちょっとワクワクしながら待ちましょう♪

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieえふぜろ&ゲーム

50円3シートと80円2シート購入。今回はパック包装となっていて、2つ折のカード状ではありませんでした。(台紙はついています) 裏面にイラストレーターと作品の紹介が入っているのも前回との大きな違いです。夏と比べると色数が1色多いので華やかな印象です。80円シートの方がすっきりとした印象かな。最近また80円を使う機会が増えているので追加で何枚か購入するでしょう。そうそう、シール切手は封かんシールが付いていて、毎回ひそかに楽しみにしているのです。形が統一されている方は封かん用に、キャラの形にそって型抜きされている方は懸賞用に使っています(結構便利なんだこれが)。お約束ですが、無くなるのが早いので気になる方はお早めに。

余談ですが、【ルミナリエ2】切手が近畿限定で再販されるみたいですね。これもクリスマスの時期に使うと喜ばれる切手です。関東圏では出回らないのが非常に悔やまれます・・・。そんな私は先日【東京天文台100周年記念】切手をチケット屋で購入しました。1978年発行なのであまり華やかさはありませんが、澄んだ冬の空に星が沢山光っている、落ち着いた感じの素敵な切手です。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie切手に関すること

2006’11.23・Thu

作りすぎ?

20070106205933
クラフト紙で作ったもの。昨日は寒かったし単調作業がしたい気分だったので、家にあった用紙でひたすら封筒を作成してました(笑)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

作ろうと思っているものを「メモ」としてここに掲載しています。今後作るかもしれないし、つくらないかもしれない。忘れてしまうこともしばしばあるので、とりあえずメモメモ。

会社で使う伝言メモをプリゴで刷る。単にふせんに書くのは情報が整理されていないことも多く、味気ないと思うので。単色でもカラーで刷ったらもらった方もほっとするし、私も電話の取次ぎのストレスを少しでも和らげる事ができるのではないか。

仕様>>プリゴ単色(2色)刷 ハガキの半分サイズ わら半紙
項目は電話取次ぎメモをネットで検索して参考にする。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

主に封筒用で使用しているクロマティコ紙。ある程度大きなサイズの紙を使っていると、端紙が出ます。端紙なので普通は捨ててしまいますが、透明感が特徴のクロマティコ紙を無駄にしない使い方はないだろうかと思って、クラフトパンチで型抜きしたらあらかわいい♪透明紙故に、見た目も雰囲気もいつもと違う。パッと目を引く鮮やかさがあります。沢山型抜きしたものを懸賞用応募はがき(必要事項記入前)に貼ってみました。1つの型のみで作りましたが、色数があるのでとてもにぎやかでいいカンジ。あと小さいので沢山貼ったのもよかったのかな。透明なシールを貼るのとはまた違った雰囲気が出ます。透明シールって意外と安くない。しかしこの方法ならお金もかからず、シールを貼った時のような効果ができます。これで懸賞の当選確率もアップすれば言うことなし(笑)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

2006’11.20・Mon

コレポンシート

【ウィングド・ウィール】の「コレスポンデンスカード/シート」が気になっております。モチーフと書体を組み合わせてセミオーダーできる所に惹かれました。また、2000円追加すれば自デザインのモチーフを入れてくれるとあり、機会があればぜひ利用したいと思っています。ギャラリーのカメと青色の組み合わせが気に入っています。ちなみに最小ロット数で注文した場合(自デザインマークナシ)、10500円~となるみたいです。なんて贅沢なレターセットなんでしょう!でもこれを気軽に使える身分になりたいな。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

2006’11.19・Sun

もさもさぷさぷさ

押麦とオーツ麦を混ぜ炊いて食べるのにはまっています。白米は混ぜないので、100%麦です(笑)。プチプチ感ともさもさ感がたまりません(こんな食べ方は普通しないと思いますが)。私は昔からもさもさ感(口の中で水分が奪われるような)がある食べ物が好きなんですが、年を経るにつれてエスカレートしている気がします。高野豆腐とかおから、スコーンやマフィン、ミューズリーなど。カロリーメイトの食感も好き。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieたべもの・のみもの

きっかけは、あるゲーム雑誌(いまは もう ない)の投稿でした。文章投稿が好きで、1週間に10ネタ考えていた事も。長い文章はケント紙やプリゴの印刷用紙(100枚入り)に書いていましたが、小ネタはメモ用紙を自分でデザインして作って、それに書いていました。その時活用していたのはプリゴです。そこからでしょうか・・・自作モノに目覚めたのは。今の私の原点であることはまちがいありませんね。自作メモを作ったことで、投稿がやりやすくなったこと、担当さんに注目されやすくなったこと(実際に採用率が上がった)。投稿は内容ももちろん大事なんですけども、やっぱり注目された方が採用率も上がると思っていたので、少しでも担当さんの目に触れるようにしたかったし、毎回かなりの量を消費していた>色々デザインを考え、作成していたのが楽しかった。あ、あと担当さんに「こんなことやってます」というのを伝えたいというのもありました。

今はメモを作るキッカケがありませんが、代わりに便せんを沢山作るようになりました。私が便せんを自作しているのは自然な流れなんだなと、今これを書いていて思った次第です。「担当さん」は「文通相手」や「遠く離れた友人」となり、私は文通相手や友人に自作モノを見てもらいたいのと、自作モノで物書きする喜びを味わいたいと思っているのです。

なぜ今こんなことを書くのかというと、「最近は楽しんで便せん作りやってる?」と、心の中で疑問が出ていました。便せんを作ると人に見せたくなるのは当然のことです。が、人に見せて目立つ為の技術が先行していて、純粋に楽しく作ってると思えなくなっていた自分に気がついたのでした・・・。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

【ピンク>むらさき>みずいろ】の3色グラデーション印刷(以下3CG)には、個人的に思い入れがあります。3CGに興味を持ったのは、友人作のB5サイズ同人便せんを使ったことからでした。サークルで便せんとか作っていたので、オフ印刷は以前から知っていましたが、3CGというのは大手が使うもので、素人には手が出せないものだと思っていましたから、友人が平気で3CGで便せんを作った時は驚いたものです。憧れであったので、3CGで初めて便せんを作った時は本当に嬉しかったです。

今は3CGが便せんの主流になっているので、10年前に比べるとありがたみが薄くなってきている感じがしますが(当たり前の技術になっているので)、上記のインクでの3CGを見ると、グラデーション印刷っていいなって思います。私は白上質紙に印刷してもらうのがお気に入り。純粋にインクの色を楽しむならやっぱり白上質紙です。

今日、手持ちの(同人)便せんの整理をしていた時のつぶやきでした。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

今日は自作モノの枚数・種類設定のお話。
自作モノは基本的に1種10枚(B5・オフセット印刷の場合)で袋詰めしています。これは同人便せんの暗黙の了解の相場だったりします。私も同人を一時期していて、この暗黙の了解を気にも留めずずっとコレでやっていたわけなのですが・・・。

最近思うのは便せん1つの柄につき10枚は適正量なのか?ということです。ついでに言うとB6サイズだと1種20枚で1セットとしていました。売る側としては、原価との兼ね合いを考えてこの枚数にするのが適正だと思っていたのですが、使う側からして私はB5サイズの便せん1柄10枚はちょっと多いと感じるようになりました。B6だと半分以上使い切れません。理由は先日お話した通り、同じものを使っていると飽きるから。1通だけならまだしも、2通以上書く場合は、気分を変えたいって思ってしまうのです。(なので同人便せんは、同柄便せんを連続して2枚以上使う事を避ける傾向にあります。例えば4枚書くならば、4枚ともイラスト、場合によっては紙質全く違うものを使う)自作便せんも連続して使っていると流石に飽きがきます。私は連続して使う場合を想定して、飽きの来ない便せんのデザインを考えて作るのですが、それでもやっぱり・・・。(そこを考えると、結構大胆な構図のものが作れなくなってしまうので、兼ね合いが難しいのです)

なので、市販レターセットと同じように、4種3枚入りの計12枚ぐらいが買いやすいと考えています。が、こうなると沢山種類を作らないといけなくなり、なかなか大変になってきます。在庫を抱えるだけでも負担になる。発注するとなると大抵1回4000円~になりますからね。この辺りは私の今後の課題として、クリアにしていく必要があります。


以下は余談なので、読みたい方だけクリックしてね。
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙なお話

市販のレターセットの便せんの枚数と種類(柄)についてのお話。
ファンシー系のレターセットはボリューム重視になっているので、5種50枚入りが普通になってますね。ミドリから出ているきれいな写真のレターセットは12種36枚。使う人ももらう人も飽きさせない工夫がされています。私も同じ柄よりも数種類柄があるのが好きです。1種類しかない柄のものは、よっぽど気に入らないと購入しないようになりました。

さてここからが本題です。柄が多くなるとどうしてもセットの枚数もかさみますが、ファンシー系に多い5種50枚は途中で飽きが来てしまい、私は使い切れません。12種36枚のものは丁度よく、これは飽きたことはありません。単に枚数が多いレターセットは、今の世の中敬遠される傾向にあるのかな?と感じたのです。皆さんも、使っていて満足のいくレターセットは、枚数と柄数のバランスが取れているものではないでしょうか。ミドリの12種36枚レターセットは、消費者の心理をよく計算した上で作られているんだな~という事がよく分かります。12種あれば大抵の人は選ぶのが楽しいと思うし、ワクワクします。

また、同じ柄が3枚ずつに関して、1枚しか使えないものより2枚使えた方が嬉しい。3枚目で使い切った満足感が得られたり、保存用としてとっておくという手もあります。これが4枚以上になると逆に飽きる可能性が大きいです。お手紙好きの方々は、日々おきにいりレターセットを求めていますから、同じレターセットを使う事はある意味拷問(笑)。またリピートするものを作るには、枚数と柄のバランスも非常に重要になってきます。枚数も柄も「多ければ多いほどいい!」というわけでもない。(もちろん個人差があり、多ければそれでいいという方もいらっしゃいます)柄が12種あっても、それが5枚ずつで60枚だったらそれはそれで飽きるとおもうのですよ。(違うシリーズのレターセットを1セットずつ購入して、計24種60枚にした方がいいと思う)私は紙質も気になるので、ずっと同じ質の紙で手紙は書けないです。

こんな方もいるかと思うので、自作ってはたから見ると意外と大変だよなと、改めて感じた次第(笑)。相手に使ってもらうためにはこのような部分も考えないといけない。(でも私は今までこの部分を無視していました。それで「売れるものを作る!」といっても売れるはずがありません。)

10年ぐらい前にフェリシモ(通販会社)から販売されていた【100種類の柄の便せん】は、当時私も数種類購入しました。柄が全部違う100枚便せんですから、柄の飽きは来なかったです。でもいかんせん枚数が多く、半分余らせた記憶があります。5部購入して500枚全部違う柄。でも紙質はどれも一緒でした(笑)。コンセプトはとても面白く、できるのならまた復活して欲しいものです。中には「お菓子レシピの100枚便せん」もありました。レシピが100種類あって、これは本当にアイデアもの!だと思いました。あと、B6便せんが100枚(全柄違う)と、自分で作るタイプの封筒とシールがセットになったパッドタイプのレターセットもあり、これもかなり気に入ってて、当時は5セットぐらい買いだめしてましたね。(そして使い切ってしまった。今考えるとすごい事!)デッドストックがあったらきっと10セットぐらい大人買いしちゃうよ。(たまにヤフオクのぞいて探しています)

文中で自作モノにも触れたので、自作モノの枚数設定についても書きます。
(話が長くなりそうなのでまた明日以降にでも)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

2006’11.14・Tue

封筒最新作

futou2.jpg

futou3.jpg



ダイソーのクラフト包装紙で作ったよ。1枚の包装紙から結構作れます。紙がカールしてしまって切りにくいのが難点ですが、100円でこれだけステキな封筒が作れるので、ダイソーのクラフト紙にはお世話になってます。

トラックバック(0) コメント(3) TOP
Categorieお手紙レシピ

2006’11.13・Mon

企業家のブログ

企業家のブログをブックマークに入れる事が多くなりました。企業家たちはやっぱりみなぎるパワーが桁違い!とってもポジティブです。私にもそのポジティブなパワーをもらいたくて、気になったものを入れています。今までこういうことは無かったのですが、これは私は前向きな自分でいる!事を思っている証拠なんでしょうね。成功や幸せを手に入れるには、ポジティブなステージに身を置くことが必要なのだと思います。企業家はうんと、うんと努力して何かを掴み取った。それと比べると私はちっぽけな存在なんですよね。当たり前のお話ですが、こうして視覚化すると自覚できます。だからこそパワーをもらって前に進む努力をしなきゃいけない。ブログを読むと、日々の生活に取り入れたい内容が結構出てくるので、普通に読み物として面白いな~と思っています。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieいつものボヤ記

2006’11.10・Fri

本棚の筋肉質化

本をずっと持つことにより、何だか無駄なパワーを消費している気がする時があります。私の場合は、画材や技法のノウハウ本とビジネス書を月に5冊ぐらい購入していますが、3ヶ月経つとかなりの冊数になっているのに気がつきます。画材技法ノウハウ本・・・購入してもそんなに使わないことに最近気がつきました。ノウハウ本はある期間を過ぎたら、思い切って手放した方が良いようです。ビジネス書も同じ理由で、ずっと持っていると古い思考のままになってしまうのがあります。ビジネス書は生ものなんだなって感じる時。私が以前購入した本の中に、「本棚の筋肉質化を図ろう」という話があったので早速やってみると、本に書いてあったとおりに気持ちがすっきりしました!余計なモノに気分を害されなくて気持ちがいいのです。今日もまたほとんど読んでいない技法書を売ってきましたよ。大手に持ち込んだら、1冊平均100円(笑)。あまりの価格の低さに愕然としつつ(笑)、でもすっきりしたのでまあいっか!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieいつものボヤ記

・・・が、あってもいいと思うのです。
記念切手(ふるさと切手)を始め、写真つき切手やフレーム切手という変わり種も登場している現在、自分でデザインを考える切手が出るということは、自分をアピールする=自分の今の気持ちや考えを1枚の切手に託している。といって過言ではないとおもいます。膨大な数の記念切手の中から1枚選ぶ事や、自分でデザインを考えること自体がパワーのいることだと思うのですよ。切手といえばやっぱり緑色や水色なので、記念切手を使って送って下さるのを見ると嬉しくなります。今回は何故この切手を使ってくれたのかな?って、勝手に想像してみたり。意味があることもあるし、単に余っていたから使っただけという事も多いですが。(国体関係の切手は大体余ってるから使うんだよね・笑)それもご愛嬌。あ、普通切手でもらう郵便ももちろんありがたいので、使ってくださいね。

ただ、ここ2~3年の間に発行された記念切手は、どれも似たり寄ったりなデザインなのであまり購入意欲が出てこないのも事実。今年シート買いしたのは、北海道の動物切手50円2シートと、夏グリーティング切手のみ。ほとんどはは金券ショップで過去に発行されたものか、切手商の額面割れ詰め合わせを使っていました。だってこっちの方が掘り出し物を探し当てる楽しみや、普段使わないデザインの切手が楽しめるワクワク感があるんです。若干安く購入できるのでお得感もあります。「自分の今の気持ち=花」で片付けられるものじゃないんだーよー!(笑)

余談ですが、11月24日に冬グリーティング切手が出るので、それは楽しみにしています。そしてようやく以前購入した北海道のサンタ切手の出番がやってきますね!使うのが楽しみ♪

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙なお話

最近ふと意識して気づいたこと。それは「!」(びっくりマーク)を文末に多用するようになったことです。ボヤ記でもそうだし、ノートに書きつづっている日記が別にあるのですが、その中ではかなり頻繁に「!」が使われています。何かの決意の表れで「!」を使い、自分に言い聞かせています。決意に不安が少なからず混じっていてそれを無理やり納得させているわけではありませんが、何とか私自身を決意させる方向へ持っていこうとしているのは分かります。ボヤ記で宣言する、また日記に書きつづると、明らかに自分の実行力が上がっているのが分かるので、今後も続けていくことは間違いありません。何か条件を待っていて事を始めるのは、いつまで経っても事を始められないので、少しずつでも前に進むためのきっかけは最大限に利用すべきだと、私は思っています。そう!去年の私と今年の私の違いは「夢をリアルに感じることができ、また着実にそれに向かってアクションを起こせるようになったこと」ですね。少しずつですがやりたいと思ったことを実行できています。また、結果の振り返りを重視するクセがついたことも大きな収穫でした。あ、話がずれてしまいましたが、「!」を使うようになったのも、上記理由がからんでいるからなのかな?と思っています。ボヤ記では流石に「!」を多用すると読みづらいのでなるべく控えます。でも本当は多用したい気分だったりするのです。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieいつものボヤ記

2006’11.07・Tue

こんな文通を始めます

来年の私の目標につなげるために、「手紙を書いて夢をかなえる」文通を始める企画を立てました。ミクシィで募集をかけたら、ありがたい事に2名からお声をかけていただき、「ゼヒお願いします!」という内容のメールを出しました。「何故レターセットを作るの?」の話でも触れた3番目の理由の実践です。夢を意識してやり取りすることにより、意識しないでやり取りする時とどのくらいかなう確率が違うのか、かなえるためのモチベーションが違うのかを計るのです。あ、もちろん純粋にお話して盛り上がる事も忘れませんよっ。相手の方も真剣にやり取りしてきますのでお互いに成長できるように頑張りまする。夢をかなえるお手伝いが出来れば最高ですね!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

手紙書きがおっくうになる理由は色々ありますが、私の場合「手持ちのレターセットを使いたくない」という理由があります。公言するのがちょっとはばかられますが・・・でも実際そういう気持ちになることがあるんです。この場合の「使いたくない」は、もったいないからという意味ではなく、コレに書きつづっていても気分が乗らないという意味です。お気に入りじゃないものを無理に使っても気分が優れないというのと一緒と考えていただければ。気に入らない便せんに気持ちをつづっても、書いてる本人が楽しくなければ意味が無いですし、またその気持ちは受け取る相手にも伝わってしまいます。同じ便せんを使っているとどうしてもアキがきてしまいますので、市販のものを常時5種類ぐらいストックしておくと、私は俄然書く気が出てきます。・・・とかいいながら最近はストックしていなかったり(先日数名に宛てたのでストックが無くなった)。早急の調達が必要です。お手紙の達人の方々が「レターセットのストック」を公開していて、その量に圧倒されますが、ストックしておくことで、自身が気持ちよくお手紙を書く事ができる。一種の精神安定剤みたいなものでしょうか。ストックする場合は、容易に手に入るお気に入りと、クレインやロッシなどの高級輸入品を織り交ぜ、さらに自作も付け加えておくのがくらざわ流でございます。洋物だけでなく鳩居堂においてある和モノもおりまぜると、幅が広がっていい感じ。手紙はやっぱりお気に入りのレターセットで書く!鉄則ですねっ!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

文通を長く続けていくと、特定の年代だけ長く続く方がいたり、その逆でどうしても3ヶ月持たないケースがある事が分かります。私の場合は同い年から2歳前後の幅です。同い年だと共有する話も価値観もほぼ一緒なので、無理なく続けられるのでしょうね。最初は趣味がきっかけでやりとりしていたものが、だんだん現実生活の話や、人生相談になったりと、より深いレベルの話が増えてきています。私はゲームの話で文通を始めたきっかけが多かったですが、今はほとんどその話はしていません。昔の手紙を引っ張り出して読んでいると、「また熱く語りたい!」と一瞬思うのですが、ゲームに対して熱く語ることはもうないと思う自分が勝ってしまいます。熱く語りたいという欲求は、その時その時で変化する生ものだという事を、そこで再実感するのです。

自分のやり取りの傾向(年代、長さ、どんな話で盛り上がっているかなど)を棚卸することは、文通であっても必要な事だと思っています。棚卸して「この人とのやり取りは続けていくべき?」という人物が出たら、自分の文通の傾向が変化してきている証拠になります。それが1名だけで、ある分野のお話で盛り上がっているからだとすれば、その分野での興味が薄れているかもしれません。他の話でも盛り上がれるのであれば問題は無いですが、それができないのであれば思い切ってお詫びを出すという事も選択肢に入れる必要があります。複数名いた場合も同じで、特定の分野での話が出来なくなりそうなら、間違いなく自分の好みが変わっている証拠なので、やり取りの存続を考える必要があります(ちなみに私の場合はゲーム話で盛り上がれなくなり、それのみで続いていた方とはほとんどやり取りが終了してしまいました)。もう一つ、棚卸をすることで、今まで視野に入れていなかった年代の方との文通や、趣味を元にした文通に興味を持つ可能性が出てきます。私のケースを例に挙げますと、特定の年代の方との文通に偏ってしまっているので、「もう少し上の年代の方と文通してみたい」とか、「新たな趣味の話題で文通したい」などという思いが出てきます。(加えて「海外文通する!」という新たな目標も出てきました)棚卸は気づきと新発見をするいいチャンスです。もちろん、長年お付き合いしている方を無理に対象にする必要はありません。縁あって仲良くお付き合いさせて頂いているのですから、末永くお付き合いしていって欲しいなって思います。そんな関係の友人を沢山持てる人間でありたい。文通で確実に人は豊かになるんです♪

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

2006’11.04・Sat

体験!Wii

マウンテン登頂話が長くなりすぎたので、午後の話はこちらに。
「Nintendo Wii」の展示会を見るために、臨海沿いの会場へ足を運びました。名古屋に来たもう一つの目的がコレ。Wiiを体験して思ったのが、意外と体を動かさないんだな~ということ。あまり大きく動かすとうまくコントロールできないことが分かりました。もちろん大きく動かすゲームもあると思いますが、「はじめてのWii」というゲームでは、大きく動かさない方がいいみたいです。もう一つ「エキサイトトラックス」というレースゲームを遊んでみました。マシンを破壊したり、アクションをこなしてポイントを獲得するゲームです。難しそうと思ってたら、かなりの高得点をゲットしてしまい、説明員の方に驚かれました(笑)。でも多分私は購入しないかな。友人の家にあったら遊ぶゲームの位置づけ。後は「バーチャルコンソール」(昔のゲームがWiiで遊べるの)を体験。迷わずアレをえらびましたさ。クラシックコントローラーのL/Rボタンがアナログなので、FC、SFCゲームはやりづらいかも。しかし1台で色々できるのは良いね!私は今のところコレを楽しみにしています。


日帰り名古屋旅行はホント楽しかった!お土産に購入した「鬼まんじゅう」が我が家で大ヒットでございます。こういう素朴なお菓子は大好き!次回買占め決定だなっと。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieえふぜろ&ゲーム

2006’11.03・Fri

ホーリーマウンテン

3連休初日、名古屋に行ってきました。初名古屋!東海地方は「新幹線で通り過ぎるもの」というイメージしかなかったので、名古屋に行けた事をうれしく思ってます。今回の目的はズバリ【マウンテン登頂】でございます。ちなみにマウンテンというのは、知る人ぞ知るメロンスパとかしるこスパとか、常識をはるかに逸脱している質と量がウリの『喫茶店』のことです。11月5日で一時閉山(耐震工事のため春まで閉山)という話を聞き、「閉山前に一度いってみるかー!」とあいなりました。

11時半ごろに麓(笑)に到着したのですが、その時点ですでに30名ほど並んでましたね。現地の周りは小学校があり住宅が密集しているのですが、ここだけ別世界(笑)。たたずまいと看板が目立つ目立つ。おまけに連休で閉店秒読みとくれば、車で来る人もいるわけで。閑静な住宅街の一角だけ渋滞していて大騒ぎ。

お店に入れたのは丁度12時頃。厨房ではマスター(と従業員)が休み無く料理を作っていました。厨房丸見えな所で待っていたので様子を見てましたが、ありえない光景ばかりで笑いが止まりませんでした。その時の様子を説明しますと、みどりやピンクのスパゲッティに、たっぷりのホイップクリームを乗せて、フルーツをトッピングしていたり、土鍋におしるこ(モチ入り)を作り、その中にスパゲッティを入れたり。たまにジュースが出てくるのですが、駄菓子の添加物の色水のようなもの。(これは後ほど理由が分かる)それがひっきりなしに出てくるから恐ろしい・・・そして怖かったのが、注文していた人は料理が来るまではしゃいでいたのに、料理を数口食べた後皆無言になってしまっていたこと・・・印象的だったのは、家族連れがイチゴスパやメロンスパを注文していて食べていて子供たちから言葉と笑顔が消えていたことでしょうか・・・。

さて私たちはというと、私>>玉子トーストとカプチーノ(ホット) ダンナ>>味噌煮込みスパとウーロン茶という、マウンテンにしてはおとなし過ぎるもの(?)をオーダーしました。やっぱり2人でメロンやイチゴスパを頼むのは無謀だと思ったので(笑)。ただ事前に調べた所、トーストも味噌スパもかなりの量はあるらしく、決して簡単に食べられるものではないのです。そうこうしている内に、私の注文したものが来ました。トーストでかっ!ヤマ○キのダブ○ソフトなみに分厚い食パン。通常の食パンなら4枚分ぐらいに相当する量です。もちろん全部食べきれないので、ダンナと2つずつ頂きました。味はなかなかおいしかったですよ♪朝食にぴったりな感じ。300円という値段も悪くない。次にカプチーノ。泡がふたになっていてコーヒーがとても熱かった(笑)。そしてとてつもなく甘かった・・・。さらにシナモン臭が・・・という状態で、結構好みが分かれる飲み物じゃないかしらと。(ネットで調べるとカプチーノは甘くないってみんな書いてるのですが信じられませぬ!)ちなみにホットドリンク系を注文すると、ちょっとしたお菓子(クラッカーとケーキ)がつきます。クラッカーは命綱として残しておくべき(笑)。

メインのダンナのスパゲッティは、煮込みだからか30分ぐらい待ちました。持ってこられた時、土鍋でぐつぐつ気泡が立っていたのに驚きました。どう考えてもこれはスパではなくうどんだろ?だってなまたまごが上に乗っかってたり、とりわけ用のトングはなべ用のおたまだったりするんですもん(笑)。しかしとても興味を引く食べ物であることは間違いありません。私は結構気に入りましたよ。味が濃すぎるから沢山は食べられませんが、冬の寒い日に食べると体があったまっていいですコレ。まいたけや白菜、ねぎに牛肉(そしてなぜかナスも)という、本当におなべで食べておいしいものが入っているので、満足度はかなり高いと思います。にこにこしながら完食~♪

奥の方に10名ぐらいのグループがいたのですが、そこが注文していたものがすごくってこっそり観察。抹茶スパ、イカ墨スパ、納豆ピラフ、大人のお子様ランチ、なべスパ、超巨大カキ氷、メロンスパなどなど・・・抹茶は食えたもんじゃないらしいです(笑)。また、別のテーブルからもれてきたお言葉は「メロンスパまずいっ!」でした。(そして最後は皆絶句・・・)

そんなわけで、意外にも料理は満足した私たちなのでした。カプチーノが一番おいしくなかった(マウンテンに味を期待するのもナンですが・笑)。次回は水でいいかなって思ってます。あ、そうそうウーロン茶ですが、ウーロン茶一つとっても流石マウンテン!でございますよ。なんてったってチェリオのウーロン茶だから(笑)。マウンテンで出されていたドリンクの色が何故あんななのか・・・これでなぞが解けました。登頂というよりハイキングとなりましたが、次回はもう少しヘビーなものを注文しようと思ってます。小倉トースト食べたい!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieたべもの・のみもの

 |TOP