2007’02.27・Tue

脱稿

3月発行便せん9種(B5サイズ3種/B6サイズ6種)の原稿作成終了!年末に作成した便せん3種と合わせて12種作る事を目標としていたので、達成できて嬉しい♪今回はイラスト無しで、トーンとベタのみ。オフ便せんは10数年作ってきていますけど、自分のイラストが一切入らないものを作るのは初めてです。イラストを前面に押し出したものは、作っている時に比べて使用している時の満足感が薄いと感じていたのと、ほかの方のお話を聞くと、イラストものは飽き易いという方が(私の周りでは)多かったからです。年末に作成したものはワンポイントを入れているのですが、今はそれもいらないかなと思ってます。スタンプやシールで十分代用できますしね。なので、今回発行するものは色(グラデーション)さえ気に入って頂ければ、ロングレターを書くのに丁度いいかとおもいます。B5サイズは気を遣っているのでその辺を見て頂きたいですね。B6サイズはタテ型ヨコ型を3種ずつ作り、ヨコ型は「どうぶつの森」に出てくる「ふつうの便せん」(という名前)をイメージして作成してみました。思った以上にトーン貼り大変でしたヨ・・・(1回全部はがしてやり直してる)。

スクリーントーンといえば・・・デリータースクリーンが値上げしてしまいましたね(画材屋行って初めて知った)。他メーカーが値下げしているのに逆に値上げですか。正直な所、350円出してまで購入する魅力は無いです・・・。昔はICがとても高く感じていましたが、今はそんなに高くないし、むしろICユースの方が安かったりするんですよね(場合によっては)。個人的にはジェイトーンが好きだったりします。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙レシピ

2007’02.26・Mon

シンプルイズベスト

20070227220953


去年末に発注したもの。紹介しようと思ってたらタイミング外しました。ワンポイント四角はB6サイズ。大きいサイズ(B5)は自分用のレポート用紙をイメージして作りました。

今までの自作モノは、「イラストを沢山詰め込まないと見栄えが良くない」という固定観念の上で作ってました。でも自分で使っているとイラストがジャマに感じて、ずっと使う気にはなれなかったんですよ。自分で作っておいて何を言うって感じですけども。04年から無地の紙を大量に仕入れたりとか、後は同じ趣味の方との情報交換をしている内に、嗜好がよりシンプルなものになってきました。今まで作成したモノでも、また作ろうと思ったデザインは全てシンプルなものでしたし。

今後の予定は、今月~来月初めで2回発注をかけます。(B5/1種とB6/2種の組み合わせを2回分)手紙グッズを持ち歩きするようになると、今まで敬遠していたB6サイズも悪くないなと思うから不思議です。また、文通愛好の方々には大きいサイズよりもB6の方がいいのかな?ともおもっているので、しばらくは両方発行していきます。もしB5の方が人気があればそっちをメインに作ります。(個人的にはB5が好きです。グラデが楽しめるから)

※ゆきだるま柄も作っていたのだけど、アップする前になくなってしまいました。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieレターセットと紙素材のこと

2007’02.25・Sun

原典

20070225133734
20070225133733


再販版&ソフトは先にダンナ購入の為、サントラのみ注文となりましたが、こんなのを購入。

シリーズから引っ張ってきているのはもちろん、他のゲーム+携帯アプリで使用された同ゲームの曲も収まっているという、バカと愛は紙一重的サウンドBOX。CD11枚200曲以上収録されています。セガってこういうところには無駄に力を入れるからなー(笑)。最初にこの話を聞いた時はネタだと思っていたのですが、本当に発売するとは思わなかった!(ので、初回版を買いそびれたのですよ・・・)

アウトランの思い出を語りだすと長い(笑)ので、今回は割愛。ただ、私のゲームを遊び始めるようになった最初のきっかけということは記しておきます。「♪マジカル・サウンド・シャワー」や「♪パッシング・ブリーズ」を聴きたくてゲームコーナーに通ってた頃が本当に懐かしい。20年経った今でも、オリジナル音源が一番であり、最新作のSPでも違和感無くBGMと出来るところがステキなのです。お値段が半端じゃないので(笑)、万人には勧められないですが、1回は聴いてみて欲しいなと思います。同じ曲でもアレンジによって印象が全く違うのが面白いのです。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieえふぜろ&ゲーム

2007’02.09・Fri

便せんはケイ線が命!

たかがケイ線、されどケイ線・・・。ケイ線の形状と刷り上りの色のバランスが取れていないと、文字が見づらくなる。市販の便せんのケイ線はとてもシンプル。(ファンシー便せんはそうじゃないのもあるけど) そして紙の地色をジャマしない程度の色で刷られている。赤とか黄色で刷られたケイ線は、自作の便せんぐらいじゃないかな?と思ったのです。地色が白で、ハッキリしたインクだと、ケイ線が主張されてしまう。文字以上にケイ線が主張してしまう場合もある。インクが極端に薄いのもだめだけど、濃い色のケイ線(黒以外)はもっとダメだと思う。ペンの色が濃い時にそれを感じてしまう。また、点線や破線を使用する時も注意しないとだめですね。点の一つ一つが文字と同化してしまう。見やすいものにするなら、点線破線は避けた方がいい。もしくは行と行の間隔をあける必要がある。

点のケイ線はかわいい効果を出してくれるけど、実用便せんには使用しない方がいいと思った今日この頃。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

2007’02.08・Thu

わら半紙を語ろう

先日わら半紙を購入しました(下写真のピンクと黄色のがソレ)。わら半紙自体なかなか店頭で見かけませんし、置いてあったとしても会社で購入するような大量包装での販売で、個人で手に取る事はなかなかできませんでした。学校でくすねるという手もあるのかもしれませんが(笑/でもそんなことはしちゃだめですよ)、学校にはグレーの「いかにもわら半紙ですよ」なものしか無いでしょう。週刊マンガ雑誌のカラーわら半紙なんてどこにあるの?という感じ。(ちなみに雑誌に使用されてるのは「印刷せんか紙」というもの) 先日ついに小分けで販売しているお店を見つけまして、早速注文したのが先日掲載したものです。写真はB5サイズ200枚のカラーわら半紙(ピンクと黄)で、1部200円ぐらいだったかな?少女マンガの付録のメモのようなわら半紙が欲しいと思っていた私にとってはスマッシュヒット!(笑)大量に買占めしようと思えばできたのですが、まずはお試しということでこの量とあいなりました。

わら半紙って鉛筆使用には向かない。シャーペンの天敵で、0.4ミリ以下のペン先だと繊維が目に詰まってミリペンキラー化(笑)してしまいますけど(これでハイ○ック-Cを何本犠牲にしてしまったことか!)、基本的にはゲルインキペンのノリとペンのすべりは最高!ボールペンも結構使い易いですよね。大抵メモ紙とかになってしまい、便せんに使うと逆に失礼になりそうな紙。でも本音は相手がOKならゼヒ便せんにわら半紙を使いたい。文章がすらすら出てきてストレスの出ない紙というのは、ペンのすべりがよく、なおかつインクが十分紙に付くものですので、私の使用しているペンとの相性はバツグン=(私にとって)よい紙 という訳です。身近にあってすぐ使えるペンほど威力を発揮する。その気軽さも見逃せない点だと思います。

400枚ほど購入したので、まずは「メモ用紙」用に加工予定。B5サイズで印刷してから半分に切る。プリゴアーツ初起動?!(ちなみにわら半紙はとても薄く、家庭用のプリンタでは使えません。だから学校ではちょっと特殊な印刷機を使っている訳ですね)こういうときにこそプリゴの威力が発揮。何色で刷ろうかしらー。

余談ですが、私が小学生だった時ある少女マンガ雑誌で、「100ページ平とじ加工されたわら半紙ノート」というのがありました。わら半紙だから厚みがすごくって(笑)、そして鉛筆やシャーペンが使いにくい。消しゴムで消そうものなら・・・という、ノートとしては全く使えない代物でした。でもインパクトはあったなー。今だから思う事なのですが、折角なら捨てずに取っておけばよかった(笑)。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieレターセットと紙素材のこと

メールは携帯というツールで持ち運びが容易になりました。お手紙用品はというと、「軽いから持ち運びはもっと容易だよね」…とは言えない悲しさ。紙に書くので紙はもちろん、ペンや封筒、切手が必要。これだけでもモノがごちゃごちゃしているから、普通は持ち運びなんて考えません。(学生さんなら授業の道具と一緒に持って行けるけども、社会人の方は余程必要が無い限り、こういう事はしませんよね)。しかしお手紙用品はいつも持ち運びしたいと思っています。何とかしてコンパクトにする必要が…と考えたのが、ほぼ日手帳のナイロンカバーを利用した収納術です。ほぼ日手帳のナイロンカバーって便利ですよね。以前からこれを活用できないかって考えてました。

まずカバーですが、2006年度版(去年のね)を使用。カードや名刺類を入れるポケットには、切手や宛名・住所シールを入れておきます。こまごまするものなので、ぽち袋を作ってその中へ。アドレス帳がある場合は、紙ものを折れないようにするための台紙代わりにします。もちろんいつでも手紙を書く事ができる様に、ちゃんと住所を記入しておく事を忘れずに・・・。右側の大きなポケットに封筒を入れて・・・っと。2つあるペンさしは、手紙用ペンを。もう片方に小型の修正ペンを入れておきます。修正テープを使用してる場合は、お気に入りのペンを2本指してもOK!透明カバーがある場合は、好きな絵はがき(私製はがき)を表紙代わりにセット。急にお礼状を書かないといけなくなった時でも、このはがきを使えば大丈夫。なので気に入った柄のはがきを数枚用意しておく事をオススメします。官製はがきも数枚入れておきました。出先で懸賞応募する事もあるので(笑)。

ちなみに便せんは別収納しています。100円ショップでA5サイズの透明ケースを購入しその中に入れてます。(ナイロンカバー収納出来ないことはないんですが、折れはしないけれども紙がカールしてしまうことが多い。)なのでそれが気になる方は、便せんだけ別に持ち運び、手紙用品だけこの方法で収納する方法をとって下さい。ナイロンカバーの一番のメリットは、便せん以外の小物がすべて1つにまとまる所ですね!ペンを2本差し込めてしかも取り出しやすいのがうれしい。透明ケースを使えば、便せんと一緒に持ち運べる。通勤カバンの中に常備出来るようになりました。最近は会社帰りに手紙を書くのが復活しましたよ。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙に使えるツール・グッズ

2007’02.06・Tue

5200円分

20070206213031
今日届いたもの。濃い色の紙(右側のピンクとイエロー)は、わらばん紙です。カラーのわらばん紙って、雑誌のふろくとか、週刊マンガ雑誌とかでしか見た事ないから、結構貴重だよね。

トラックバック(0) コメント(5) TOP
Categorieレターセットと紙素材のこと

時間差郵便のお話。年初めに私が主導で企画をするという事で準備をしていましたが、参加者のキャンセルが相次いで、企画が続行できず、やむを得ず中止することとなりました。とても残念でショックなのですが、団体申し込みの条件を満たせない以上どうすることも出来ませんでした。お金も心のこもった手紙もあずかっていて、それをお返しすることの苦しさ。色々原因はあるのですが、こういう結果になったという事だけ、ここを見ている方にお伝えしようと思い、今回書かせていただきました。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

大変ご無沙汰しておりました。1月は半分過ぎたあたりから急に業務量が多くなりまして、てんやわんやしてました。あとは企画中の【時間差郵便】の収集をしていたり。ちょっとこの企画、実行できるかどうか怪しくなってまいりました。うーん・・・賛同者は多いのですが、ネット上での呼びかけで上手く連絡が取れない所がネックになってます。

転職してよく利用する郵便局の、ふるさと切手ラインナップがやたらと充実していて、1日1回郵便局をのぞいてます。昨日は【東北のくだもの】切手のシート販売されていたので、即効で1シート確保です。12月はサンタクロース切手がシート販売されていたり、他、探していた切手が見つかったりで、恐るべしパ○○○○ドビル!ちょっと歩けば東京中央郵便局があり、勤務終了後に行く事が出来るのですが、最近好みの切手が置いていないので残念なのです。私の所感ですが、人気の記念切手は郵便局よりも出張郵便局(イベント会場や大きなショッピングセンターに土日限定で出している所)の方が揃っていると思いました。自分の行動範囲の出張郵便局を調べておくといいですよ。あとは、切手はすぐに売り切れてしまうので、欲しいと思った切手は速攻で購入!しましょう。いつもそこに出店されるとは限りませんから。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie切手に関すること

 |TOP