≪2≫人に伝えることができる

手紙の良い所は人に伝える事ができる所。そもそも手紙は伝える相手がいないと話にならない。(自分宛に書く場合も、伝える相手は「私」となる。)②の理由にもかぶるが、人に発信しないとそれは単なる一人遊びでしかない。夢は一人ではかなえられない事が多いから、やっぱりほかの人の力も借りちゃうのです。手紙は基本的にはウソを書き辛いツール。自分の気持ちが素直に出てしまうもの。口頭で伝える時よりも真剣度合が違うと感じる事がよくある(私は)。また「視覚化で証拠が残る」。相手にもより深く伝わる(口約束は信用できないけれど、紙に書いて視覚化すれば、私はそれを他人に伝えましたという証拠が残る。また、1対1のやり取りが基本なので、思う存分語れるしホラもふける(笑)。書いた事で夢の50%は達成できてると考えられればなおのことよい。
(紙に書くのって、達成しようと思わないとできないからね)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL