≪9≫自分の考え・願望・希望・欲を紙にまとめ、伝える
【3-1】の補足。視覚化するには何を書くかをまとめないといけない(視覚化はまとめた結果にできるもの)。【3-5】の内容にもかぶるけども、『自分の考え・願望・希望・欲をリストアップする』>>『いらないものを削る』>>『推敲またはやりなおし』というプロセスを経て初めて視覚化できる。頭の中で考えつつ、外に発信する事をしているので思考は鍛えられ、より夢の実現に近づける。そしてここから人に発する時用に、さらに表現を考えたり相手に伝わるように最大限の努力をする。推敲の余地があるのが手紙の良さだと思う。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL