2006’11.03・Fri

ホーリーマウンテン

3連休初日、名古屋に行ってきました。初名古屋!東海地方は「新幹線で通り過ぎるもの」というイメージしかなかったので、名古屋に行けた事をうれしく思ってます。今回の目的はズバリ【マウンテン登頂】でございます。ちなみにマウンテンというのは、知る人ぞ知るメロンスパとかしるこスパとか、常識をはるかに逸脱している質と量がウリの『喫茶店』のことです。11月5日で一時閉山(耐震工事のため春まで閉山)という話を聞き、「閉山前に一度いってみるかー!」とあいなりました。

11時半ごろに麓(笑)に到着したのですが、その時点ですでに30名ほど並んでましたね。現地の周りは小学校があり住宅が密集しているのですが、ここだけ別世界(笑)。たたずまいと看板が目立つ目立つ。おまけに連休で閉店秒読みとくれば、車で来る人もいるわけで。閑静な住宅街の一角だけ渋滞していて大騒ぎ。

お店に入れたのは丁度12時頃。厨房ではマスター(と従業員)が休み無く料理を作っていました。厨房丸見えな所で待っていたので様子を見てましたが、ありえない光景ばかりで笑いが止まりませんでした。その時の様子を説明しますと、みどりやピンクのスパゲッティに、たっぷりのホイップクリームを乗せて、フルーツをトッピングしていたり、土鍋におしるこ(モチ入り)を作り、その中にスパゲッティを入れたり。たまにジュースが出てくるのですが、駄菓子の添加物の色水のようなもの。(これは後ほど理由が分かる)それがひっきりなしに出てくるから恐ろしい・・・そして怖かったのが、注文していた人は料理が来るまではしゃいでいたのに、料理を数口食べた後皆無言になってしまっていたこと・・・印象的だったのは、家族連れがイチゴスパやメロンスパを注文していて食べていて子供たちから言葉と笑顔が消えていたことでしょうか・・・。

さて私たちはというと、私>>玉子トーストとカプチーノ(ホット) ダンナ>>味噌煮込みスパとウーロン茶という、マウンテンにしてはおとなし過ぎるもの(?)をオーダーしました。やっぱり2人でメロンやイチゴスパを頼むのは無謀だと思ったので(笑)。ただ事前に調べた所、トーストも味噌スパもかなりの量はあるらしく、決して簡単に食べられるものではないのです。そうこうしている内に、私の注文したものが来ました。トーストでかっ!ヤマ○キのダブ○ソフトなみに分厚い食パン。通常の食パンなら4枚分ぐらいに相当する量です。もちろん全部食べきれないので、ダンナと2つずつ頂きました。味はなかなかおいしかったですよ♪朝食にぴったりな感じ。300円という値段も悪くない。次にカプチーノ。泡がふたになっていてコーヒーがとても熱かった(笑)。そしてとてつもなく甘かった・・・。さらにシナモン臭が・・・という状態で、結構好みが分かれる飲み物じゃないかしらと。(ネットで調べるとカプチーノは甘くないってみんな書いてるのですが信じられませぬ!)ちなみにホットドリンク系を注文すると、ちょっとしたお菓子(クラッカーとケーキ)がつきます。クラッカーは命綱として残しておくべき(笑)。

メインのダンナのスパゲッティは、煮込みだからか30分ぐらい待ちました。持ってこられた時、土鍋でぐつぐつ気泡が立っていたのに驚きました。どう考えてもこれはスパではなくうどんだろ?だってなまたまごが上に乗っかってたり、とりわけ用のトングはなべ用のおたまだったりするんですもん(笑)。しかしとても興味を引く食べ物であることは間違いありません。私は結構気に入りましたよ。味が濃すぎるから沢山は食べられませんが、冬の寒い日に食べると体があったまっていいですコレ。まいたけや白菜、ねぎに牛肉(そしてなぜかナスも)という、本当におなべで食べておいしいものが入っているので、満足度はかなり高いと思います。にこにこしながら完食~♪

奥の方に10名ぐらいのグループがいたのですが、そこが注文していたものがすごくってこっそり観察。抹茶スパ、イカ墨スパ、納豆ピラフ、大人のお子様ランチ、なべスパ、超巨大カキ氷、メロンスパなどなど・・・抹茶は食えたもんじゃないらしいです(笑)。また、別のテーブルからもれてきたお言葉は「メロンスパまずいっ!」でした。(そして最後は皆絶句・・・)

そんなわけで、意外にも料理は満足した私たちなのでした。カプチーノが一番おいしくなかった(マウンテンに味を期待するのもナンですが・笑)。次回は水でいいかなって思ってます。あ、そうそうウーロン茶ですが、ウーロン茶一つとっても流石マウンテン!でございますよ。なんてったってチェリオのウーロン茶だから(笑)。マウンテンで出されていたドリンクの色が何故あんななのか・・・これでなぞが解けました。登頂というよりハイキングとなりましたが、次回はもう少しヘビーなものを注文しようと思ってます。小倉トースト食べたい!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieたべもの・のみもの

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL