便せんのサイズと封筒のサイズが
丁度良く納まっていると、何かうれしくなる。
よっし!ぴったり納まった!って。
個人的にぴったり納まってうれしいサイズは、
長4封筒(通常利用の縦長いモノね)に
B5サイズ3つ折り。
B5をキレイに3つ折りするのって、
実は結構難しかったりする。
折りたたんだサイズと3つ折りという言葉の響きが
何だか気持ちいい。
4つ折りだと、ちょっと厚みが出るし、
何かかっこわるい(感じがする)。
そして、お手紙は一般的に折り目が多いほど
敬遠されるので、なるべく少ない折り目で
相手に送る心配りは必要だと思ってるのです。

世の中には様々なサイズの便せん、封筒
があって、それらをバラバラに使うのって
結構難しい。
単に使うだけなら簡単だけど、
手紙って見えないセンスがにじみ出てくる。
統一感が無いものをもらったら
「う~ん・・・ちょっとなぁ」と
思ったりする事がある。
しかし、意外と自分も統一感の無いものにしてしまい、
相手もおんなじ気持ちになってるんじゃないか?と
思う辺り、まだまだ改善の余地アリなんだと思う。

長4サイズの封筒にはB5サイズの便せんがぴったり合う。
しかし洋形サイズ(横向きのもの)を使う場合、
洋2サイズだったら、B5サイズ4つ折りじゃないと入らない。
そして封筒にキレイに納まりすぎて、中身がスカスカな感じに見える。
どう考えても便せんと封筒のサイズが合っていない。
洋3サイズならB54つ折りがキレイに入る。
4つ折りってあんまり好きじゃないのだけど、こっちの方が
まだ納まりがいいと思うのです。

じゃあ、洋形サイズのものには
どんな便せんがいいのか。
それはB版ではなくA版を使えばいいのです。
A5サイズの便せんなら、洋2サイズ2つ折りで
キレイに納まる。
逆に長4サイズでAサイズ便せんはあまりキレイに
納まってくれないようです。

Bサイズ便せんなら長形封筒、
Aサイズ便せんなら洋形封筒。

長くなってしまったので、
今回の話は一旦切り上げ、
また別の日に続きます。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL