単に袋(クリスタルパックとか)に詰めるだけでは味気ない。自主制作物はチープに見えてしまうので、イベント販売の袋詰めにはかなり気を遣います。市販レターセットの袋詰めは注意深く観察していますが、取り入れて自分でアレンジしてみるとなかなか難しいです。(新作レターセットが出たらリサーチしている自分・・・)どんな方法を使えば見栄えがよくなるか。購入しよう!と思わせることが出来るのか・・・

・自主制作だからこそ容易に出来る「ちょっとしたモノ」を入れる。例えば手作りタグでアピール
・デザフェスやコミティアなどのイベントに出向き、他の方が作成したレターセットのパッケージングをリサーチする。他の方はどのように工夫しているのか。
・便箋や封筒の材質を出来るだけ揃える。クラフト紙の便せんなら、封筒もクラフト紙で作る。シールもしかり。
・白上質紙の便せんなら、封筒をビビットな色合いで作る。
・紙の色を3色使用してコーディネートすると引き締まる。インクで3色グラデーションがありますが、3色あると配色の仕方で印象が全然違う。その効果を利用する。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL