今日は自作モノの枚数・種類設定のお話。
自作モノは基本的に1種10枚(B5・オフセット印刷の場合)で袋詰めしています。これは同人便せんの暗黙の了解の相場だったりします。私も同人を一時期していて、この暗黙の了解を気にも留めずずっとコレでやっていたわけなのですが・・・。

最近思うのは便せん1つの柄につき10枚は適正量なのか?ということです。ついでに言うとB6サイズだと1種20枚で1セットとしていました。売る側としては、原価との兼ね合いを考えてこの枚数にするのが適正だと思っていたのですが、使う側からして私はB5サイズの便せん1柄10枚はちょっと多いと感じるようになりました。B6だと半分以上使い切れません。理由は先日お話した通り、同じものを使っていると飽きるから。1通だけならまだしも、2通以上書く場合は、気分を変えたいって思ってしまうのです。(なので同人便せんは、同柄便せんを連続して2枚以上使う事を避ける傾向にあります。例えば4枚書くならば、4枚ともイラスト、場合によっては紙質全く違うものを使う)自作便せんも連続して使っていると流石に飽きがきます。私は連続して使う場合を想定して、飽きの来ない便せんのデザインを考えて作るのですが、それでもやっぱり・・・。(そこを考えると、結構大胆な構図のものが作れなくなってしまうので、兼ね合いが難しいのです)

なので、市販レターセットと同じように、4種3枚入りの計12枚ぐらいが買いやすいと考えています。が、こうなると沢山種類を作らないといけなくなり、なかなか大変になってきます。在庫を抱えるだけでも負担になる。発注するとなると大抵1回4000円~になりますからね。この辺りは私の今後の課題として、クリアにしていく必要があります。


以下は余談なので、読みたい方だけクリックしてね。
「B5便せんは、書くにはサイズが大きすぎる。A5サイズが丁度いい」という話を、文通の中でしたことがあります。確かに市販モノはA5サイズぐらいが多いですよね。B5サイズが使いやすいというのは、年配の方か、同人で便せん作ってる方ぐらいのものではないかと。ボヤ記を読んで下さってる皆さんはどうでしょうか?

ちなみに、印刷所での便せん印刷はB4サイズ印刷が基本で、Aサイズの印刷をしない所がほとんどなのです。私が利用している所はAサイズ印刷もやってますが、使用インクと紙が限られるので、豊富にインクと紙が選べるBサイズ印刷を選んでしまいます。発注の楽しみというのは、紙とインクの組み合わせも関係してきますから、やっぱり色々試せるものを利用しちゃうんです。

Aサイズ印刷はプリゴでやれなくはないです(かなり強引にだけど)。でも強引じゃなくてスムーズに印刷したいので、B5サイズのプリゴを購入することを真剣に考えています。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

私は、B5でも大きすぎると感じたことはありません。
かといって、市販のレタセの便せんも小さいと感じたことはありません。
たぶんそれは、私の書く文章量が多いからでしょうね。
罫線のみのB5便せんがあったとしても、2~3枚は書けると思います。
市販のレタセを使うと、7~8枚になってしまいますので・・。

柄は確かに、1種10枚は多いです。
自分がそう思うので、私の同人便せんのセット数は7~8枚にしています。
10枚より少ないからといって相場より安くはしてませんが、コレクターにも、使う人にも、好まれるのは種類が多くて枚数の少ないものじゃないかな?と思っています。
作る側としてはそれはそれは大変なことですけどね。
何種類かある中から柄を選んで1種10枚購入するより、1種2枚くらいずつ全種類が入っている方が購入意欲がわきます。

同人便せんは、書くとき1枚1枚柄を変えて使うので、1種2枚もあれば十分です^^; 3枚あれば、使い切るのに3回(3通)使わなければなりませんから。
逆に市販のレタセは、同じ柄で統一するので、1種10枚はないと足りないです。(←ロングレターのため。途中で柄が変わるなんて、ちょっとだらしない感じがします。)

他の皆さんはどうなんでしょう? 私も気になります。

都:2006/11/24(金) 01:58 | URL | [編集]

都さんこんにちは。毎度毎度お返事遅くなり申し訳ありません。
B5便せんは、大きさに関して言えば私は丁度いい(使いやすい)と思っています。
都さんと同じく、文字の量が半端ないので市販のものだと枚数が増えてしまい、相手も困るだろうと考えています。しかし柄が付いてしまうとどうしてもそこに目が行ってしまい、同じ柄が続くと飽きてしまう心理が働いてしまいます。
作る側からすると、「10枚入りにして4種作る=全種買ってもらったら40枚」の方がありがたい心理ですが、購入側は「1種につき3枚の計12枚」ぐらいが丁度いいし買いやすいと思います。

同人便せんでも、同じ柄を連続して使う方もいらっしゃいますし(最近私はこのパターンが多い・・・)、市販モノをごちゃまぜにして使う方もいるので、その辺は個人的な好みといってしまえばそれまでなんですけどね。

くらざ:2006/12/12(火) 21:31 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL