50円3シートと80円2シート購入。今回はパック包装となっていて、2つ折のカード状ではありませんでした。(台紙はついています) 裏面にイラストレーターと作品の紹介が入っているのも前回との大きな違いです。夏と比べると色数が1色多いので華やかな印象です。80円シートの方がすっきりとした印象かな。最近また80円を使う機会が増えているので追加で何枚か購入するでしょう。そうそう、シール切手は封かんシールが付いていて、毎回ひそかに楽しみにしているのです。形が統一されている方は封かん用に、キャラの形にそって型抜きされている方は懸賞用に使っています(結構便利なんだこれが)。お約束ですが、無くなるのが早いので気になる方はお早めに。

余談ですが、【ルミナリエ2】切手が近畿限定で再販されるみたいですね。これもクリスマスの時期に使うと喜ばれる切手です。関東圏では出回らないのが非常に悔やまれます・・・。そんな私は先日【東京天文台100周年記念】切手をチケット屋で購入しました。1978年発行なのであまり華やかさはありませんが、澄んだ冬の空に星が沢山光っている、落ち着いた感じの素敵な切手です。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorie切手に関すること

Next |  Back

comments

東京天文台100年の切手、私もお気に入り
です。
星座の切手って、意外に少ない気がします。
昔の切手にはちょくちょくあるのですが、
プレミア価格が付いてしまっているので、
普通の額面で使うと逆に損をするのが惜しい
です・・・。
南十字星とか、北斗七星とかあるんですよ

まめまめ:2009/10/16(金) 16:36 | URL | [編集]

♪まめまめさま

確かに平成に入ってからは、あまり星座切手を
見かけないような気がします。
現代の技術ならホログラムとかホットメルトとか、
色々な加工が可能なので、ぜひキラキラな星座の切手を
出して欲しいなと、ひそかに願っております。

昔の星座切手は、真っ暗な中に星が見える
そんな情景をありありと思い出させてくれて、
なつかしく、そしてちょっと切ない気持ちになります。

南十字星&北斗七星は見覚えがないので、
一度生でみてみたいですね~。

くらざ:2009/10/20(火) 13:43 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL