前回の話の続き>>

「様々なサイズの便せん」といえば・・・
よく小中学生が使う【ファンシー文具のレターセット】
便せんが50枚と封筒が25枚とか、かなり大量に入ってるもので、
微妙にサイズの違う便せんが10枚ずつ5種入とかでありますが
あのタイプのレターセットは、私はあまり好きではないです。
サイズが違うので、折り目が各紙違うところについてしまうから
見た目から良くない。
あのサイズ違いに何のメリットがあるのだろうか・・・
と、うっかりこういうタイプのレターセットを購入した際に
毎回思うのです。
同色・同柄・同サイズで使用するなら何ら問題はありませんが、
大抵は色違い・柄違いで変化をつけるものなので、
できれば紙のサイズをそろえて欲しいのであります。
(まあ、子供は紙のサイズなんかにこだわらないし、
 そういうものをうっかり購入しなければ済む話なんですけどね)

あ、そうだ、
銀座・月光荘さんの便せんと封筒。
便せんはとてもお気に入りなのですが、
封筒は1種購入してそれっきりです。
便せんと封筒をセットで使用する際、
キレイな3つ折り・4つ折りが出来ない。
変なところで折り目をつけざるを得ないので
どうやったら便せんが封筒にキレイに納まるのか・・・
何かいい知恵を持っている方、
いらっしゃったら
ぜひぜひ私に伝授して頂けないでしょうか。


【便せんと封筒の心地よいおさまり】は
今日も研究中でございます・・・

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL