時間差郵便のお話。年初めに私が主導で企画をするという事で準備をしていましたが、参加者のキャンセルが相次いで、企画が続行できず、やむを得ず中止することとなりました。とても残念でショックなのですが、団体申し込みの条件を満たせない以上どうすることも出来ませんでした。お金も心のこもった手紙もあずかっていて、それをお返しすることの苦しさ。色々原因はあるのですが、こういう結果になったという事だけ、ここを見ている方にお伝えしようと思い、今回書かせていただきました。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL