便せんの入稿も終わり、宛名シールも作成したので、新たに作ってみたいと思うものをリスト化してみました。ちょっとでも実現の後押しとなればという事で、覚え書きを掲載。

・オフ印刷の手作り封筒
便せんの原稿を書くのと一緒で、封筒をデザインする。B5サイズ用紙なら洋3封筒、紙は最低でも白上質70キロの厚さが必要。それ以下では紙が薄すぎて透けてしまう。洋3封筒は1種作成なので、B5便せんなら1種/B6便せんが2種作れる。今回はグラデーション印刷ではなく、濃い色での1色刷りかもしくはそれプラス黒を追加して2色刷りにする。2色刷りなら断然クラフト紙ですな。ターコイズブルーと黒の組み合せが今頭の中に浮かびました。

・2色刷り便せん
封筒と一緒に作ればそんなに手間はかからない。洋3サイズなのでB6が収まりいいかなと。ただ便せんはクラフト紙だと書きにくいので、見た目を取るか実用性をとるか・・・。

・ゴムはんこ
個人使用で使うものを作る。フレークシールの一部の柄をはんこにしたいという思いは前々から。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL