20080227000206

20080227000204

使えば使うほど面白いと感じる「マスキングテープ」。
今回はこのような使い方をしてみました。
装飾目的だけでは勿体ない!

マスキングテープは和紙素材なので、
紙と同じように使用する・・・まではいかないけれど、
それに近い使い方はできるのではないかと思いました。

最近になって8ミリ幅のテープが発売されたということで、
「これだ!」と思ったのが、テープの罫線化。
正確に言うと、テープ上に文章を書く。
市販の便せんでは殆ど見かけませんが、
同人便せんでは、筆記欄が塗りつぶされていて、
その上から文字を書くというタイプのモノがあります。
(罫線用のトーンにもそのタイプがあります)
それを思い出しまして、同じ事をマスキングテープでもやってみました。

便せんとする紙に無造作にマスキングテープを貼り、
その上から文章を書くだけ。
マスキングテープ自体、一つ一つの存在感がありますので、
センスよく配色すればとてもステキな便せんができると思います。
見本の画像は何も考えなしに貼り付けただけですので、
配色センスはアレですが、まあ、こんな感じで作れるということです。
あとテープは15ミリ幅よりも8ミリ幅の方が宜しいかと思います。

この便せん、問題がいくつかありまして、
マスキングテープはインクをはじきます。
なので「インクをはじかないペン」で書く必要があります。
細字タイプの油性ペン・フィルムに書いてもインクが落ちないものを使用して下さい。
ゲルインク、水性ペンは使用不可です。インクをはじいてしまいます。
油性ボールペンも場合によっては合わないかもしれません。
あと、淡い色のテープなら黒の油性ペンで問題ありませんが、
渋い色のテープを使用する場合、テープの色によっては
文字が見えません。

いちばんいい方法は、パイロットコーポレーションから
発売されている【ラテ】ペンを使うこと。
コレを愛用しているから、一見便せんにできないようなものでも
便せんにできるのだと思います。

ラテペンに関しては過去のエントリーを参照くださいませ。
【ラテ】全色セット♪

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙レシピ

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL