国土地理院発行の地形図を使用して、便せんと封筒を作ってみました。
【海図レターセット】に対抗(ウソ)。

<作り方>
まず、国土地理院発行の一般図(地形図)を準備します。
ネットショップや書店で調達してください。
色々種類がありますが、【2万5千分1地形図】が各270円で4,341面あるので
オススメです。(相手の地域に合わせて購入できるため)
ちなみに1枚の大きさは 46.0×58.0cm です。結構大きいです。

地図があれば後は普通に封筒を作り、便せん用にカットすればOK!
包装紙と同じ感覚で使えます。
文章は地図の裏に書きましょう。どうしても地図の上に書きたい場合は、
上からトレーシングペーパーをかぶせ、トレペの上に文章を書きます。
トレペを止めるときはシールとかマスキングテープとか使うとかわいいです。

20080601223521
便せん用にカットしたもの。今回は7枚分できました。

20080601223519
封筒オモテ面。上が地図なので、宛名は下に入れます。

20080601223516
封筒ウラ面。どこの地域の地図を使っているかがモロ分かりです。
ちなみに封筒は1枚作成。洋2サイズです。

折角地図を使うのだから、「相手の街」の地図を使いましょう。
相手の家の場所によって、カット位置が変わるのも面白いです。
封筒にするか、便せんにするか・・・を考えるのが楽しい!
余裕があれば地図に色を塗ったり、相手の家にしるしをつけるのもいいですね。

ゼヒゼヒみなさんも試してみてください。

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorieお手紙レシピ

Next |  Back

comments

地図がデザインされたものって見たことありますけど、
実際の地図を利用して作ってしまうなんて!
送られた方も自分の住んでいる町なら
馴染みのある地形でさらに楽しみが広がりますね~(^^)

都:2008/06/02(月) 11:56 | URL | [編集]

♪都さん
「地図レターセット」といわれているものも、元は実際に使用されていた地図だったり
しますしね。地図をデザインするのは大変ですが、
これなら簡単に作れて相手も喜ぶし、やってみて損は無いと思います。

余談ですが、東京の某書店のブックカバーは、
地形図をそのまま使用したようなデザインなので、
個人的にお気に入りだったりします。
ブックカバーとして使うテもありですよ。

くらざ:2008/06/04(水) 17:43 | URL | [編集]

はじめまして。ふらりとやってまいりました。
少し前の記事ながら、すごくいいアイディアだなーと思ったのでコメントを。。

というのも、私は学生なのですが、
地形図とは非常に親しい学問を学んでいるのです。
大好きな地形図と、大好きなお手紙が一緒にできるなんて!
かなりときめきを覚えました。笑

ブログも、とても楽しく読めますね!
また遊びにきます。ステキな記事を、ありがとうございました!

おかゆ:2008/10/05(日) 17:44 | URL | [編集]

♪おかゆ様

はじめまして。くらざと申します。
ブログの感想&うれしいお言葉本当にありがとうございました!

地形図レターですが、海図レターセットは実際に商品化されているなら、
地形図レターがあってもいいじゃない。
ということで作ってみたものです。
普通は地形図なんて購入しませんから、試してみた人からは
「新鮮だった」というお言葉を頂きます。

おかゆ様は地形図になじみのあるお勉強をされているとのこと。
私も学生時代に進路の一つとして地理に関する学問を志してましたので、
親近感を覚えました。

またお時間がありましたら遊びに来てくださいね~。

くらざ:2008/10/06(月) 14:14 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL