コピックスケッチの「スーパーブラシ」(筆ペンのようなペン先のニブのこと)が
どうも自分には合わないのです。
コピックスケッチといえば、このブラシこそが最大のウリなのに。
先日「コミックマーカー」を1本手に入れまして、ミディアムラウンドの方を使って
着色したら、これが自分の手にものすごくしっくりきて。
マーカーで塗っている!という実感が、コピックを使っていて初めて湧きました(笑)。
ブラシだと、「塗っている」というより「紙を撫でている」感じなんですね。
それがどうも気に食わないというか。

しかしコミックマーカーはマイナーかつ「原則使い捨て」という制約があるため、
入手経路が限られ、使いにくいのも確か。
好きな色はやっぱりスケッチに多いし・・・。

ここは一つ、「Mラウンドニブ」をスケッチに装着するしかないかな。
(Mラウンドニブはスケッチにも使用可能だったはず)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieイラスト・創作・画材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL