以前コチラで宛名シールと封筒作成の紹介をしました。
メインである便せんも先日印刷を終えたため、ようやくレターセットとして
完成したことになります。

20080728221923
こんな感じ。

普段使いはモチロン、ちょっとかしこまった時でも気負わず使えて、
なおかつ好印象を与えるデザインになったと自負しています(笑)。

2年ぐらい前からシンプルなレターセットに心惹かれるようになり、
いつか自分の手で作る(デザインする)と考えていました。

デザイン自体は誰でも簡単にできます。
デザインは全てエクセル上で行っており、
表グラフを作るためのツールしか使っていません。
これまでにイラレもフォトショも使いましたが、
一番納得いくデザインができたのがエクセルというオチ(笑)。


20080728221921
便せんですよー

デザインをシンプルにしたのは、
紙とペン(インク)の味わいを楽しむ。
プレーンにそのまま使うことを楽しむ
という目的があるから。
余白が多いので、その分紙の存在感が重要になります。
印刷物は線やベタ面が多ければ、それだけ印刷されたものに目が行き、
紙の質は二の次になります。

便せん用紙1枚でも、選んだ人の個性が出るものであり、
受取人は「イコール書き手自身」として受け取ります。
また、使用したペンのインクもその人を表すので、
受取人にはその辺も楽しんで欲しいなという願いが込められています。
(気づくかどうかは別として)

今回使用した紙は
【ストラスモアライティングウーブ】筆記用紙と、
【ファーストヴィンテージ】(クラフト紙)です。

前にもプリゴのエントリで語ったと思いますが、
プリゴ印刷のよさは、
自分の好きな紙に自分の好きな色のインクで刷れる
ことです。印刷所に発注した方が安いし大量生産できますが、
このような特殊な紙に印刷してくれる所は殆どありません。
また、結局の所は割高になってしまうので、
自分の手で行った方が早いのですね。

私は1枚1枚ココロを込めて刷って、レターセットを作る
手間ヒマを大事にしたいのです。
「いいお手紙」は、やっぱり紙やインクも「イイモノ」と感じますから。
このレターセットでこの気持ちが伝わればいいなと、切に願います。

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙レシピ

Next |  Back

comments

こんにちは~!
古い記事にコメントしてしまいました。
手紙について思うコトの方から飛んで読ませてもらいました。
なるほど、こうやってasrオリジナル便せんは作られたんですね!
頂いたものは、実は…もったいなくてまだ使えてないんですよ!
見ているだけで、なんだかドキドキしてしまって、とっても可愛かったです!
というわけで、無事解決でした^^ありがとうございます。

tohka:2009/03/18(水) 10:34 | URL | [編集]

♪tohkaさん
コメントありがとうございます~
まあ、こうやって記事にするとかっこよくみえますが、
結局の所は「自分が使いたいから」に落ち着くわけです(笑)。

レシピ本に同封した便せんは、上記のものとは違うデザインですが、
コンセプトは一緒で、ただ大量に欲しかったので印刷所に出したわけです。
もったいぶらずにゼヒ使っていただきたいと思います。
ご希望であれば、使い切ったあとにお分けすることも可能です。
(ちなみにあの便せんは、洋3封筒も作れるんですよ。詳細はお手紙のお返事で。)

くらざ:2009/03/19(木) 10:17 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL