ガラスペンを手に入れたら、やっぱりインクが欲しくなります(笑)。
【伊東屋のカクテルインク】は豊富な色とお洒落なインクの名前で、
以前から気になっていました。
いくつかインクがあると、お手紙書きやイラスト描きにと、
日常的に使えますからね。
そんなわけで、伊東屋の丸の内店に行ってきました。

「カクテルインク」は、その名の通り、注文を受けてからインクを調合します。
欲しい色名を店員さんに告げ、店員さんは調合の割合にそって、
設置されているインクタンクからインクを取っていきます。
インクを全て入れたらかき混ぜて、試し書きをし、
お客側からOKをもらえばラベルを貼り、専用のパッケージに入れる。
という流れで購入します。

店頭に試し書き用のインクがありますので、
時間があれば実際に書いて色味を見たほうがいいでしょう。

私は「カプチーノ」「ブルーラグーン」を注文しました。
目の前で調合していく様を見るだけで、期待がどんどんふくれあがります(笑)。
「え、こんな色を入れるの??」という場面があり、ちょっと心配にもなったり。
(「ブルーラグーン」は青色インク全く入れていなかったように見えました。
 というか、オレンジっぽい色入れてたのでちょっとあせりました。)
でも、ちゃんと見本どおりの色になる不思議。

その場での調合ですので、若干の色のブレはあるかもしれませんが、
それもまたヨシ。大幅に外れるわけではないですし、
何より「自分だけのオリジナルカラー」と思えるところがいいのです。

伊東屋のネットショップでも注文可能ですが、
店舗にいける方は、行って注文したほうが絶対いいですよ。
インクはやっぱり実際に書いてみないと、イメージと違ったりするので。
1本1050円という買いやすい値段なのもうれしいです。
お手紙好きさんへのプレゼントにもピッタリですね。
(私も他の色をもらってみたい!誰かプレゼントして下さい/笑)

今回は2色だけの購入でしたが、
ステーショナリーペーパーに淡い色は、ふわっとした雰囲気が
出そうなので、淡い色もいくつか購入したいですね。


20081212222005

パッケージ。このクラフトの筒に入れてくれます。
ラベルもお洒落!切ってしまうのがもったいないくらい。

20081212222003

インクボトル。
左は「カプチーノ」 右は「ブルーラグーン」

20081212222000

自宅に戻って、早速インクを使います。
こんな感じですよー
って、すごくにじんでます(笑)。
やっぱりクラフト紙にさらさらインクは自爆行為でしたね・・・。
一応参考までに画像掲載しておきます。
(みなさんはマネしちゃだめですよ)

ちなみにカプチーノはちょっと黄味のある茶色でした。
求めていた色そのものだったのですごくうれしいです。

20081212221958

こちらはスジ入りメモパッドに描いたモノ。
にじみも少なく、普通に使えます。
ブルーラグーンは南国の海の色。ちょっと緑がかった鮮やかな青。
ガラスペンの透明感とあいまって、本当に吸い込まれそうな青。
GBAの画面を通して見るファルコンマークツーのマシンカラーの青(笑)。
というわけでイラストは一発描きアケチくん。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙を彩るペン

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL