mtシリーズ基本色の一つである「らくだ色」。
デコレーション用途やパッキング用途とするのが普通だと思いますが、
今回はこんな使い方をご紹介。

【らくだとわらび】のエントリの中でもチラッとご紹介しているのですが、
修正テープ代わりに使うと結構便利だと思いました。
らくだ色なので、クラフト紙限定の修正法ですが、
クラフト紙に白の修正テープを使うと、そこだけ目立ってしまって
なんだかな~となってしまうのを、ある程度は防ぐことができます。

ということで実演。使用した紙は【クラフト紙】【Bナチュラル紙】です。
(ベージュに近い方がBナチュラル、濃い方は普通のクラフト紙です。)

20090328223231

今回の主役。らくだ色mtです。

20090328223229

曜日をうっかり間違えてしまいました!
日曜日を土曜日に修正したい。
けど白い修正テープだとそこだけ目立ってしまうから
使いにくい・・・。

20090328223227

らくだ色mtを貼ります。1枚貼ったらこんな感じ。
黒文字でもそれなりにカバーされてはいます。
けどやっぱり文字が分かってしまいます。

20090328223225

上からもう1枚貼りました。
今度は文字もほとんど見えないので、安心して
上から文字を書く事が出来ます。

20090328223222

無事に修正完了です。
ちなみに使用したペンは【チロルチョコペン】です。
上から書いたらにじんだりはじいたりするかな~と思ったら
あ、大丈夫。文字をこすっても文字が消える事は無いようです。
(でも汚れの原因になるので、上からなるべく触らないように。)

使用したペンにもよりますが、あまり濃くないペンであれば、
十分カバーできるのではないでしょうか?
黒の太字だとやっぱり多少気になってしまうので、
上から更にペタリ。2枚重ねだと殆どのケースに対応できるでしょう。

テープで修正していることはやっぱり分かってしまいます。
完全に紙の色となじむわけではありませんので。
ただ、白修正とくらべたらやっぱりこっちの方が安心します。
(違和感ないという意味で)

クラフト紙や色つきの紙で、白修正だと目立ってしまうのが嫌な場合は
試してみて下さいね。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieマスキングテープのこと

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL