2006’06.15・Thu

余白の『間』

昨日パレットに行く前に、伊東屋でレターセットを購入。
【GENRO レターセット千鳥】

余白の間とか、ワンポイントヘッドとか、シンプルだけど味があると思いません?
便せんが7枚で、中途半端にあまりそうな気がしないでもないのですが、
ちょっと書く分には丁度いい量なのかもしれませんね。
早速使ってみると、手持ちの万年筆(ペリカーノ)の書き味は
あまり良くないように感じました。ペン先引っかかる感覚が。
ゲルインクペン(0.38ミリ)の書き味はまあまあ・・・かな。
和紙使用だから、インクの吸い込みにクセがあります。
細いペンを使った方が書きやすいかもしれない。

今の季節なら、あさがおとかあじさいを使うと風情がでますね。
個人的にはかすみ富士が好きかな。

丁度私が作成しているレターセットも、こんな感じのものなので、
余白・ケイ線の間隔、ちょっと拝借させてもらおうかしら。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL