今日は飯田淳先生の授業でした。
『はしペンにインクつけて足を描く』というのをやりましたよ。
飯田先生の批評は「結構厳しい」と聞いていたので、
何を言われるかドキドキして臨んだのですが、
意外なことに、先生からいい評価を頂きました♪
おホメの言葉をもらうと有頂天になっちゃいますね(笑)。


他、こんなことを言われました。メモメモ>>

・絵は観念で描かないこと(モノをよく観察すること)
・モノの変わり目は迷う
・切れ目を作らない。画面はしまで最後まで描くこと
・細部ほど重要
・B3サイズの紙を100枚購入して、それを半分に切って描くこと
 (要は200枚以上は必ず描くこと)
・ずっと練習していたら紙が怖くなくなる


私の絵の批評は、

・とまどいが見えるので、ふっきって描くこと
・しわがあるところは迷ってもOK
・でも骨の有る1本線のところは迷わないで、スパっと描きなさい。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieイラスト・創作・画材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL