今回も実技授業。『花と植物』のデッサン。各自花や植物を持ち寄って、じっくりデッサンしてきました。制限時間内にデッサンをしていくのですが、とにかく時間が足りない!10分20分なんてあっという間(それだけ絵に集中しているという証なのね)。描きなれないせいもあり、思うように手が進みませんでした。出来た作品も何だかぎこちない・・・

すこし休憩した後、今度は自分の描きたい花の前でデッサンすることに。私はひまわりを選びました。描きやすい?という安直な理由で。しかし描きやすいなんて思った私がバカでした。やっぱりむずかしいよ!花びんから先にかいてみたら、花が入らなくて先生に指摘されてしまいました。今回は3枚描きましたが、じっくり観察して描くことを最近していなかったので、いい頭の運動になりましたが・・・疲れた(笑)。


高田先生語録>>
とりあえずどんどん描きなさい。

どこをどう描きたいのかをよく観察して、それを紙に写し取っていく。

全体像まずイメージしなさい。(それを考えて描くことが大事)

イラストレーションは、『絵を通じて伝える』ことなので、
「何か分からない」イラストレーションは機能していない。
モノの特徴を出さないと話にならない。



最後に挙げたお言葉は、本当に納得。描きあげたものを見ると、ものの特徴はでていないから、イラストレーション以前の問題なんだなーと考えさせられたのです。イラストレーションはアートではないのだから。



授業の後急遽、クラス全員でお茶会をすることになりました。そういえばみんなでおしゃべりすることって、今の今まで無かったことに気づきました。少しずつクラスの人とはおしゃべりしているのだけど、こういう機会だからこそ聞ける話もあるし!築地某所のジョナ○ンに20数名突然押しかけ。店員さんテーブルセッティングで迷惑かけてしまい申し訳ありません(笑)。自己紹介代わりに、自作のフレークシール(プリゴで刷ったものを切り抜いた)を配った私。結構ウケよかったのでまた作りますぜ。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieイラスト・創作・画材

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL