2005’06.09・Thu

手紙を送る楽しさ

手紙を送る楽しさというのは、ある意味「一人遊び」で悦に入ることかも
しれない。
便せん・封筒を選んで(時には自作して)、
何を書こうか迷い、
時間があればイラストを描いて、
ちょっとしたものがあればそれをオマケにして、
そうそう、封かんシールにもこだわってみたり、
最後の仕上げはきれいな切手を貼って、
ポストの前で
「無事にとどきますよーにっ!」
と、祈ってみたり。
こうして言葉にしてみると、本当に自己満足の世界だなって思った。
で、本当に好きじゃないと続かないことだと改めて悟った。
突然手紙が届いてビックリするかもしれませんが、
その時は私が、
ものすごくディープな世界で悦に入っていると
察してあげて下さい。


・・・手紙を送るといえば、文通の存在。
文通が長く続くことは奇跡だと思うのです。
1人の人とやり取りする期間が長ければ長いだけ。
長く続けるような関係を持てる方がもっと増えると嬉しい。

ここを読んでくださっている方で、
手紙のやり取りについてのアイデアや、
便せん・封筒・シール・その他手紙を楽しくするアイデアを
交換したいと思ってる方、
ゼヒアイデア交換してみませんか?

なんて言ってみたり。
(本気で求めてるのでどぞヨロシク)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL