2009’11.27・Fri

すてき切手の数々

冬グリーティングとは別に購入していた切手の数々。
70年~80年代の切手中心です。
※購入した切手の量が多いので、全部の画像を載せられませんでした。
 切手の詳細画像はリンク先をご参照ください。

20091127215919

運動系の切手で発送されてきました。
右は東京オリンピックの切手。1964年発行とあります。
左は1991年発行の、第3回世界陸上東京大会切手です。

20091127215917

今回購入した切手全種類。
実用切手としての販売でしたが、どれも状態が良くて、
私としては観賞用でも全然OKなレベルでした。

20091127215914

ゆうペーン切手の台紙です。
永田萌さんのイラストがかわいい!
このイラストがそのまま切手になっています。
下2つは同じ切手が収まっています。
(全国版と東京版の台紙だそう)

以下、購入した切手の個別紹介です。画像はリンク先を見て下さいね。
なお、紹介は発行の古い順です。

【魚切手/さけ、ぶり、とらふぐ、するめいか】
リアルなイラストに見えるけれど、どことなくユーモラスな
雰囲気を持っていて、なんだか微笑ましいです。
とらふぐのキョトンとした表情がツボにはまりました。

濃い青の使い方がとても好きです。深みがあって。
ただ青色を使っている訳じゃなく、緑味や紫味も混じって
複雑な色調を出しています。今の切手はこういう味のある
色使いが無いのでさみしいです。
(これはアナログじゃないと絶対出せない色味です。)

【昭和60年 国土緑化】
熊本は阿蘇の高原(草千里かな?)と、熊本の県花りんどうが
描かれています。奥に見える山は阿蘇山でしょうか。
私、阿蘇とりんどうの花がとっても大好きなので、この切手は
しばらく使わずに(手を付けるのがもったいない!)持っておこうかと
思っています。
高原のさわやかさが伝わってくる切手です。

【昭和61年 国土緑化】
もずとアシの切手です。いまにももずの鳴き声と、
アシをそよぐ風の音が聞こえてきそうです。

【平成2年 ペーン】
永田萌さんデザイン切手はいつの時代でも人気ですよね。
62円切手のデザインはもちろん、個人的には41円切手の
青い鳥をあしらったデザインがお気に入りです。
この青い鳥、よく見るとお手紙をくわえているんですよ。
だれに届けにいくのかしら?

【平成3年 ペーン】
こちらも永田萌さんデザインです。
62円切手は去年と構図が一緒ですが、よく見ると同じイラストでは
無いようです。
ちなみにゆうペーン2種は、各4シートずつ購入しました。
もう20年近く経つのに、きれいな状態で残っているのが
まだあったんですね~。

【雪世界1】
今回購入した切手の中では一番新しいです。
(それでも1999年なので10年以上前)
北海道のふるさと切手で、80円と50円がセットになった
めずらしい組み合わせのシートです。

数ある切手のデザインの中で、雪の結晶のデザインが
一番大好きです。不動の一番!
ゆきだるまも愛らしくて、寒い冬でもこんなゆきだるまが
そばにいてくれたら、ココロはほっかほかですよ。

50円切手は完全にオマケというか抱き合わせ販売(笑)。
懸賞応募で50円切手が必要になった場合、真っ先に
使ってしまうタイプの切手ですね。


にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

トラックバック(0) コメント(4) TOP
Categorie切手に関すること

Next |  Back

comments

こんばんは。コメントありがとうございました。
お返事は私のブログの方に書かせて
頂きましたので、申し訳ないのですが、
そちらの方で読んで下さい。

切手どれもこれも本当に素敵ですね。
オリンピックのとお魚のは祖父か母の
スタンプブックで見たことがあります。

白馬の切手は私も1枚だけ持っていて、
もう使ってしまいましたが素敵ですね。

昔の切手っていうのは・・・
なんだかとても味があるというか、
形やデザインがとてもいいものが多いですよね。

最近発行されているのは、大きさも少し
大きいし、余白が規則的にあったりして
最近の切手とわかるようになってませんか?
私は昔の切手サイズでなおかつ、
気持ちがずっしり入ってる切手が好きです。

いつの時代も郵便や切手というものは
必要不可欠なものだと感じると当時に、
色んな時代と繋がっていられるので、
そういう意味では切手は本当に大好きです。

見たことのない切手も見られて
嬉しかったです。これからも影ながら
お邪魔させていただきます。

長文になってしまい、すみません。
それでは。

鳴瀬:2009/11/28(土) 00:09 | URL | [編集]

kurazaさん、こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。

今日はたくさんの切手、とてもうっとりしてしまいました☆
切手を眺めるのも楽しいですよね。
これらの切手、額面よりもやはり少し高い値段なのでしょうか???
それにしてもすてきな切手ばかりですね。
ふみの日シリーズは私も好きな切手の1つです。特に古い年代のふみの日シリーズの絵柄、やさしい感じですよね。
雪の結晶は持っていないので、とてもうらやましいです。

マスキングテープの本が出るんですね!!
とても楽しみです。
さっそく本屋さんでチェックしようと思います☆すてきな情報ありがとうございました。

りん:2009/11/29(日) 12:18 | URL | [編集]

♪鳴瀬さま
リンクの件、紹介記事含めてありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

鳴瀬さんがおっしゃる通り、
「いろんな時代と繋がっていられる」
んですよね!
その時代に生きていた人、存在していたモノに
思いを馳せて…それがとても面白いと思います。

最近の切手に関しては、大きさや構図、あと着色方法がCGなのが多いので、
見ただけで分かります。今の切手が良くないというわけではないのですが、
「似たり寄ったり」だったり、「遊び心が足りない」感じがします。
芸術品というより、「商品」色が強いかなと思います。

また遊びにきて下さいませ! いつでもお待ちしております。

くらざ:2009/12/01(火) 21:27 | URL | [編集]

♪りんさま
コメントありがとうございますー。
今回の切手ですが、全て額面通りで購入しております。
(リンク先はあくまでも画像紹介として入れているだけで、そこで購入した訳ではありません)
お店によって値段はまちまちな様ですね。
昔の切手は額面の1.5倍ぐらいするところが多いかな~と思います。

永田さんイラストの切手はホント、評判がいいですよね。
最近はクリスマス切手ぐらいしか見かけませんが、
昔は本当に永田さんイラストが目に留まっていたものです。

くらざ:2009/12/01(火) 21:35 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL