FC2ブログ
時間差郵便のお話。年初めに私が主導で企画をするという事で準備をしていましたが、参加者のキャンセルが相次いで、企画が続行できず、やむを得ず中止することとなりました。とても残念でショックなのですが、団体申し込みの条件を満たせない以上どうすることも出来ませんでした。お金も心のこもった手紙もあずかっていて、それをお返しすることの苦しさ。色々原因はあるのですが、こういう結果になったという事だけ、ここを見ている方にお伝えしようと思い、今回書かせていただきました。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

ボヤ記で数回、【時間差郵便】の話をしてきました。今年初めに手紙を書いて投函したものが先日戻ってきました。すぐ読んでもよかったのですが、本日は私の誕生日であるので、この日まで取っておいたのです。

1年経って読むと、私がつらねた文章なのにちょっと幼い印象を感じてしまいました。たった1年前の話なのに。それだけ私の環境がめまぐるしく変わっていたのだと思います。また、色々なことを知り、一喜一憂したり。手紙を書いた時点ではまだ体験していないことですから、希望や夢が書かれてあるわけです。純粋な。
達成したいことをリスト化して入れていました。7項目あり、3項目は確実に達成。2項目は未達成。2項目は半分だけ達成。60%目標達成ですね。この60%が多いか少ないかは人それぞれ感じ方が違うと思いますが、私は半分以上も目標達成できたんだ!ということを思いました。未達成のものも、今年中に達成できるペースであることが見えていますし、もう一つも目的がはっきりすればすぐ片付くものだと気づいたので、今年内に解決するでしょう。残りのものに関しては、当初の目的を修正した形での達成となりますね。リストに挙げたものはあくまでもたたき台なものなので。自分が納得する形で達成するのが、本来の意味での目標達成だと思います。

この文章を書く前に、2007年の目標をリスト化しておきました。2006年内で未達成なものも含めて、よりレベルの高い目標を掲げています。2008年の私が今の私を幼く感じるように。リスト化する作業はとても楽しいです。それは未来の私に向けての手紙ですからなおさら楽しく感じます。一人遊びと思われますが、こうしてお手紙を出してあげることにより、1年がより意義深くなります。多分1年の過ごし方が密度の濃いものになるでしょう。それだけ未来への手紙の効力は大きいのです。めでたく1年経ったとき、開いた手紙に人間の本質という「温かさ」がでます。ソレを感じ取ったとき、否が応でも感動するのです。今回、時間差郵便を行って感じたのはこのことでした。タイムカプセルを開けたときもこんな感じなのでしょう(私はタイムカプセルをした事が無いのですけども)。今回の企画を行ってくれた雑誌の編集部には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

残念ながら、編集部で今年はその企画はしないみたいですが、年明けに私が主導で【時間差郵便】をします。すでに某所で募集して締め切ってしまいましたが、また1年後に手紙が戻ってきたらご報告します。
【未来便.com】というサービスがありますので、この記事を読み興味をもたれた方はチャレンジしてみてはどうでしょうか?1年を密度の濃いものにしたい方にはゼヒやってみることをお勧めいたします。

「お誕生日おめでとう」と声をかけてくださったことに感謝いたします。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

2006’12.03・Sun

決めきれない優柔不断

白い紙には可能性が沢山あって、何でも書けるワクワクがあるけれど、印刷されたものはその用途にしか使えないことが多く、縛りがある。だから同じ柄を100枚も使えない。

ここ2ヶ月ずっと迷ってます(現在進行形)。便せん作りたい気持ちはあるのだけど、早く形にしたいと焦ってしまい、逆になかなかデザインが決まらない。決まっているのはサイズとインク。B5とB62種、グラデーション刷り。イラストを描くのがおっくうになってるのでは?と思い、ワンポイントマークのみのデザインにしてみるのは?と考えたら、何だか重荷が無くなった(気がした)。ワンポイントでもオリジナリティはでるし、シンプルな方が飽きが来ないし、本来の意味でのシンプルさを追求してみようと思ったのでした。キャラクターを前面に出しているのは、描いてるときの満足度は高いけれど、便せんとして(書いている時)の満足度は比例していないと感じているのです。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

2006’11.20・Mon

コレポンシート

【ウィングド・ウィール】の「コレスポンデンスカード/シート」が気になっております。モチーフと書体を組み合わせてセミオーダーできる所に惹かれました。また、2000円追加すれば自デザインのモチーフを入れてくれるとあり、機会があればぜひ利用したいと思っています。ギャラリーのカメと青色の組み合わせが気に入っています。ちなみに最小ロット数で注文した場合(自デザインマークナシ)、10500円~となるみたいです。なんて贅沢なレターセットなんでしょう!でもこれを気軽に使える身分になりたいな。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

きっかけは、あるゲーム雑誌(いまは もう ない)の投稿でした。文章投稿が好きで、1週間に10ネタ考えていた事も。長い文章はケント紙やプリゴの印刷用紙(100枚入り)に書いていましたが、小ネタはメモ用紙を自分でデザインして作って、それに書いていました。その時活用していたのはプリゴです。そこからでしょうか・・・自作モノに目覚めたのは。今の私の原点であることはまちがいありませんね。自作メモを作ったことで、投稿がやりやすくなったこと、担当さんに注目されやすくなったこと(実際に採用率が上がった)。投稿は内容ももちろん大事なんですけども、やっぱり注目された方が採用率も上がると思っていたので、少しでも担当さんの目に触れるようにしたかったし、毎回かなりの量を消費していた>色々デザインを考え、作成していたのが楽しかった。あ、あと担当さんに「こんなことやってます」というのを伝えたいというのもありました。

今はメモを作るキッカケがありませんが、代わりに便せんを沢山作るようになりました。私が便せんを自作しているのは自然な流れなんだなと、今これを書いていて思った次第です。「担当さん」は「文通相手」や「遠く離れた友人」となり、私は文通相手や友人に自作モノを見てもらいたいのと、自作モノで物書きする喜びを味わいたいと思っているのです。

なぜ今こんなことを書くのかというと、「最近は楽しんで便せん作りやってる?」と、心の中で疑問が出ていました。便せんを作ると人に見せたくなるのは当然のことです。が、人に見せて目立つ為の技術が先行していて、純粋に楽しく作ってると思えなくなっていた自分に気がついたのでした・・・。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

【ピンク>むらさき>みずいろ】の3色グラデーション印刷(以下3CG)には、個人的に思い入れがあります。3CGに興味を持ったのは、友人作のB5サイズ同人便せんを使ったことからでした。サークルで便せんとか作っていたので、オフ印刷は以前から知っていましたが、3CGというのは大手が使うもので、素人には手が出せないものだと思っていましたから、友人が平気で3CGで便せんを作った時は驚いたものです。憧れであったので、3CGで初めて便せんを作った時は本当に嬉しかったです。

今は3CGが便せんの主流になっているので、10年前に比べるとありがたみが薄くなってきている感じがしますが(当たり前の技術になっているので)、上記のインクでの3CGを見ると、グラデーション印刷っていいなって思います。私は白上質紙に印刷してもらうのがお気に入り。純粋にインクの色を楽しむならやっぱり白上質紙です。

今日、手持ちの(同人)便せんの整理をしていた時のつぶやきでした。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

今日は自作モノの枚数・種類設定のお話。
自作モノは基本的に1種10枚(B5・オフセット印刷の場合)で袋詰めしています。これは同人便せんの暗黙の了解の相場だったりします。私も同人を一時期していて、この暗黙の了解を気にも留めずずっとコレでやっていたわけなのですが・・・。

最近思うのは便せん1つの柄につき10枚は適正量なのか?ということです。ついでに言うとB6サイズだと1種20枚で1セットとしていました。売る側としては、原価との兼ね合いを考えてこの枚数にするのが適正だと思っていたのですが、使う側からして私はB5サイズの便せん1柄10枚はちょっと多いと感じるようになりました。B6だと半分以上使い切れません。理由は先日お話した通り、同じものを使っていると飽きるから。1通だけならまだしも、2通以上書く場合は、気分を変えたいって思ってしまうのです。(なので同人便せんは、同柄便せんを連続して2枚以上使う事を避ける傾向にあります。例えば4枚書くならば、4枚ともイラスト、場合によっては紙質全く違うものを使う)自作便せんも連続して使っていると流石に飽きがきます。私は連続して使う場合を想定して、飽きの来ない便せんのデザインを考えて作るのですが、それでもやっぱり・・・。(そこを考えると、結構大胆な構図のものが作れなくなってしまうので、兼ね合いが難しいのです)

なので、市販レターセットと同じように、4種3枚入りの計12枚ぐらいが買いやすいと考えています。が、こうなると沢山種類を作らないといけなくなり、なかなか大変になってきます。在庫を抱えるだけでも負担になる。発注するとなると大抵1回4000円~になりますからね。この辺りは私の今後の課題として、クリアにしていく必要があります。


以下は余談なので、読みたい方だけクリックしてね。
 ...READ MORE?

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙なお話

市販のレターセットの便せんの枚数と種類(柄)についてのお話。
ファンシー系のレターセットはボリューム重視になっているので、5種50枚入りが普通になってますね。ミドリから出ているきれいな写真のレターセットは12種36枚。使う人ももらう人も飽きさせない工夫がされています。私も同じ柄よりも数種類柄があるのが好きです。1種類しかない柄のものは、よっぽど気に入らないと購入しないようになりました。

さてここからが本題です。柄が多くなるとどうしてもセットの枚数もかさみますが、ファンシー系に多い5種50枚は途中で飽きが来てしまい、私は使い切れません。12種36枚のものは丁度よく、これは飽きたことはありません。単に枚数が多いレターセットは、今の世の中敬遠される傾向にあるのかな?と感じたのです。皆さんも、使っていて満足のいくレターセットは、枚数と柄数のバランスが取れているものではないでしょうか。ミドリの12種36枚レターセットは、消費者の心理をよく計算した上で作られているんだな~という事がよく分かります。12種あれば大抵の人は選ぶのが楽しいと思うし、ワクワクします。

また、同じ柄が3枚ずつに関して、1枚しか使えないものより2枚使えた方が嬉しい。3枚目で使い切った満足感が得られたり、保存用としてとっておくという手もあります。これが4枚以上になると逆に飽きる可能性が大きいです。お手紙好きの方々は、日々おきにいりレターセットを求めていますから、同じレターセットを使う事はある意味拷問(笑)。またリピートするものを作るには、枚数と柄のバランスも非常に重要になってきます。枚数も柄も「多ければ多いほどいい!」というわけでもない。(もちろん個人差があり、多ければそれでいいという方もいらっしゃいます)柄が12種あっても、それが5枚ずつで60枚だったらそれはそれで飽きるとおもうのですよ。(違うシリーズのレターセットを1セットずつ購入して、計24種60枚にした方がいいと思う)私は紙質も気になるので、ずっと同じ質の紙で手紙は書けないです。

こんな方もいるかと思うので、自作ってはたから見ると意外と大変だよなと、改めて感じた次第(笑)。相手に使ってもらうためにはこのような部分も考えないといけない。(でも私は今までこの部分を無視していました。それで「売れるものを作る!」といっても売れるはずがありません。)

10年ぐらい前にフェリシモ(通販会社)から販売されていた【100種類の柄の便せん】は、当時私も数種類購入しました。柄が全部違う100枚便せんですから、柄の飽きは来なかったです。でもいかんせん枚数が多く、半分余らせた記憶があります。5部購入して500枚全部違う柄。でも紙質はどれも一緒でした(笑)。コンセプトはとても面白く、できるのならまた復活して欲しいものです。中には「お菓子レシピの100枚便せん」もありました。レシピが100種類あって、これは本当にアイデアもの!だと思いました。あと、B6便せんが100枚(全柄違う)と、自分で作るタイプの封筒とシールがセットになったパッドタイプのレターセットもあり、これもかなり気に入ってて、当時は5セットぐらい買いだめしてましたね。(そして使い切ってしまった。今考えるとすごい事!)デッドストックがあったらきっと10セットぐらい大人買いしちゃうよ。(たまにヤフオクのぞいて探しています)

文中で自作モノにも触れたので、自作モノの枚数設定についても書きます。
(話が長くなりそうなのでまた明日以降にでも)

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話

・・・が、あってもいいと思うのです。
記念切手(ふるさと切手)を始め、写真つき切手やフレーム切手という変わり種も登場している現在、自分でデザインを考える切手が出るということは、自分をアピールする=自分の今の気持ちや考えを1枚の切手に託している。といって過言ではないとおもいます。膨大な数の記念切手の中から1枚選ぶ事や、自分でデザインを考えること自体がパワーのいることだと思うのですよ。切手といえばやっぱり緑色や水色なので、記念切手を使って送って下さるのを見ると嬉しくなります。今回は何故この切手を使ってくれたのかな?って、勝手に想像してみたり。意味があることもあるし、単に余っていたから使っただけという事も多いですが。(国体関係の切手は大体余ってるから使うんだよね・笑)それもご愛嬌。あ、普通切手でもらう郵便ももちろんありがたいので、使ってくださいね。

ただ、ここ2~3年の間に発行された記念切手は、どれも似たり寄ったりなデザインなのであまり購入意欲が出てこないのも事実。今年シート買いしたのは、北海道の動物切手50円2シートと、夏グリーティング切手のみ。ほとんどはは金券ショップで過去に発行されたものか、切手商の額面割れ詰め合わせを使っていました。だってこっちの方が掘り出し物を探し当てる楽しみや、普段使わないデザインの切手が楽しめるワクワク感があるんです。若干安く購入できるのでお得感もあります。「自分の今の気持ち=花」で片付けられるものじゃないんだーよー!(笑)

余談ですが、11月24日に冬グリーティング切手が出るので、それは楽しみにしています。そしてようやく以前購入した北海道のサンタ切手の出番がやってきますね!使うのが楽しみ♪

トラックバック(0) コメント(2) TOP
Categorieお手紙なお話

2006’11.07・Tue

こんな文通を始めます

来年の私の目標につなげるために、「手紙を書いて夢をかなえる」文通を始める企画を立てました。ミクシィで募集をかけたら、ありがたい事に2名からお声をかけていただき、「ゼヒお願いします!」という内容のメールを出しました。「何故レターセットを作るの?」の話でも触れた3番目の理由の実践です。夢を意識してやり取りすることにより、意識しないでやり取りする時とどのくらいかなう確率が違うのか、かなえるためのモチベーションが違うのかを計るのです。あ、もちろん純粋にお話して盛り上がる事も忘れませんよっ。相手の方も真剣にやり取りしてきますのでお互いに成長できるように頑張りまする。夢をかなえるお手伝いが出来れば最高ですね!

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorieお手紙なお話